TOP-MINI 導入の概要

ニューハート・ワタナベ国際病院では出来るだけ体への負担が少ない手術を提供するため、手術用ロボット「ダビンチ(daVinci surgical system)」によるキーホール(鍵穴)手術を筆頭に、世界最先端の治療に取り組んでまいりました。
この度、米国において開発されたTOP-MINI(Transapical off-pump mitral valve repair with Neochord Implantation)が世界各国において良好な治療成績を収めていることを受け、僧帽弁閉鎖不全症に対する治療法の一つとして本法を導入することといたしました。

TOP-MINIとは

正式名称はTransapical Off-Pump MItral valve repair with Neochord Implantationです。
人工腱索再建を経心尖部アプローチにて人工心肺を使わずに行い、僧帽弁を形成する術式です。
人工腱索再建は従来の心停止下の僧帽弁形成術においても多用される方法のひとつですが、NeoChord DS 1000(以下NeoChord)というデバイスを使用することにより心臓を動かしたまま人工腱索再建を行い僧帽弁の逆流を制御することが可能となります。

TOP-MINIの方法

左の胸に4cm程度の小切開を行います。心臓が動いた状態のまま心尖部より左室内にNeoChordを挿入し、経食道心エコーで心臓内を観察しながら僧帽弁の逸脱した病変に先端を誘導します。NeoChordによりGore-Tex糸を弁尖に結えて人工腱索を作成します。NeoChordを心尖部から抜き去り、経食道心エコーで僧帽弁の動きと逆流を観察しながら最も逆流が制御されるように人工腱索の長さを調節します。数本の人工腱索を設立し逆流が制御されたことを確認したら創部を閉じて手術終了です。

TOP-MINIにより治療可能な疾患

腱索の断裂により生じた僧帽弁閉鎖不全症が治療対象となります。僧帽弁後尖の逸脱が特に良い適応となります。経食道心エコー検査で詳細な計測を行った上で最終的に治療の可否を判断します。

NeoChord Artificial Chordae Delivery System

TOP-MINIの利点

人工心肺を使わない

人工心肺を使わずに僧帽弁の形成を行えることが最大のメリットです。従来の手術では心房を開いて僧帽弁を形成する必要があったため、心臓を止めた上で人工心肺装置を使って全身に血液を送る必要があり、全身の臓器へ炎症を及ぼし負担をかけるリスクがありました。TOP-MINIでは人工心肺を使わずに手術を行う為、生理的な心拍動による血流で全身の臓器が灌流され負担を最小限に抑えることが出来ます。

創が小さい

心尖部からアプローチする手術なので左の胸に4cmの切開を行うだけで手術が可能です。

心臓が拍動している状態で治療効果の判定が可能

心拍動下でリアルタイムに僧帽弁の逆流が制御されることを確認できることも大きなメリットです。従来の心停止下の手術では弁の形成をした後、心臓が動いた状態になるまで弁の逆流が制御されたことの最終的な確認が出来ませんでした。TOP-MINIでは経食道心エコーで弁の状態を観察しながら人工腱索の長さを調整することが出来ます。

TOP-MINIの治療成績

2011年から2019年までに全世界で13000人を超える方がTOP-MINIの治療を受けられております。統計的に術後3年の経過にて僧帽弁後尖病変においては98%の方が追加の治療を必要とすることなく過ごされております。侵襲が少ないため年齢は若年者から高齢者まで様々であり、報告されている中での最高齢は91歳です。

保険適応について

TOP-MINIは欧米において確立された治療法として認可されており、使用するデバイスであるNeoChord DS 1000もCE markを取得しておりますが、日本では現在のところ保険適応外となります。