メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

ご利用案内

胃カメラ検診 / 大腸カメラ検診

消化器外科 大竹 由美子(日本消化器内視鏡学会 専門医、指導医)

「癌」といって多くの方が思い浮かべるのが胃癌や大腸癌ではないでしょうか。まわりにこれらの癌を経験した方がいるという方もいらっしゃるかもしれません。
では胃癌や大腸癌の早期発見のために何をしたらいいでしょうか。
胃癌や大腸癌は胃や大腸の粘膜と呼ばれる、臓器を内張りしている膜から発生し、大きさを増すとともにだんだん深くへと進んでいきます。
ですから胃や大腸の内側を直接観察できる内視鏡検査(胃カメラ、大腸カメラ)が癌の早期発見には向いているのです。

ただ「胃カメラ、大腸カメラは痛い、苦しい」というイメージがついてしまっているためほとんどの人が「胃腸の症状はないから自分は胃癌や大腸癌であるはずがない、わざわざ辛いカメラの検査は受けたくない。」とおっしゃいます。
ですが胃癌や大腸癌で癌による症状が出てきた場合には進行癌となってしまっていることが多いのが現実です。最近では早期の胃癌や大腸癌はいくつかの条件をクリアーすれば内視鏡(カメラ)で削るように切除することができます。
早期に発見すれば体に負担の少ない治療法で癌を克服できる可能性が高いのです。

残念ながら胃癌や大腸癌を完全に予防することはできません。
誰にでも胃癌、大腸癌は発生しうる病気であるということ、そして進行した状態で見つかった場合、その後の治療に時間もお金も身体的、精神的負担もかかることを考えると少しの手間で早期発見を目指すことに意義があると考えます。
当院では少しでもカメラに伴う苦痛を軽減するためさまざまな工夫を行っています。
胃カメラでは鎮静剤を用いた「眠ってできる胃カメラ」、鼻の穴から挿入する細い「オエッとならない胃カメラ」などご希望に応じてお選びいただけます。

大腸カメラでは検査の途中や終わった後のお腹の張りがつらかったというお話をよく聞きますが、これを軽減すべく炭酸ガス送気装置を導入しております。
通常の大腸カメラでは大腸の内側を観察する際、大腸のひだをよく伸ばして隅々まで見渡せるようにカメラの先から空気を送り込むことが多いのですが、この空気が抜けるまでに時間がかかるためお腹の張りがひどかったのです。
空気の代わりに炭酸ガスを送り込むと観察の際に腸の拡張が得られた後速やかに炭酸ガスが吸収されて体から抜けるためお腹の張りが気になりません。
また女性の方で腸のカメラは恥ずかしいと検査をためらっている方も女性医師が検査を担当しますのでお気軽にご相談ください。

受診を希望される方

診療時間内に直接ご来院いただき、予約をとっていただくか、電話にてご予約ください。
カメラの検査中に病変が見つかり組織検査(生検)を行った場合には別途料金がかかります。
詳細は担当医にお気軽にお問い合わせください。

【予約受付電話】
TEL: 03-3311-1119

【検診費用】
胃カメラ検診 20,000円(税別)
大腸カメラ検診 30,000円(税別)


「検診・人間ドックのご案内」のトップに戻る