メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

大動脈弁狭窄症[ダイドウミャクベンキョウサクショウ]

どんな病気?

大動脈弁狭窄症とは、その名の通り、左心室から大動脈に血液を送る役割である大動脈弁に狭窄が起こり、大動脈に十分な血液を送ることが出来なくなる病気です。大動脈に十分な血液を送ることが出来なくなると心臓が収縮した時の血圧が低下します。また、大動脈が狭窄する事によって左心室の内圧が上昇するため、これに対応するように左心室の心筋が肥大します。大動脈は酸素を多く含んだ血液を体内に運ぶ大事な動脈なので、血液量が少なくなることで様々な症状を呈するようになります。

どんな症状?

大動脈弁狭窄症は徐々に進行していくので、成人の場合は長期間無症状の時期があり、多くは50~60代から症状が現れます。その症状の一つに狭心痛があります。狭心痛とは、運動時などに現れる胸痛発作の事です。また、体を動かす時に心臓から送られる血液量である心拍出量が低下することで脳の血流が減り、失神が見られる事もあります。他には、体を動かした時の息切れや、夜間に起こる呼吸困難などの心不全症状が現れます。

原因は?

大動脈弁狭窄症の原因には大きく分けて3つあります。まず生まれつきである先天性が1つ目、免疫の異常からくるリウマチ性が2つ目、3つ目は加齢による動脈硬化性があります。最近では特にこの加齢が原因になるものが増えてきていて、動脈硬化症により起こる大動脈弁硬化や、大動脈弁の石灰化から大動脈弁狭窄症を発症する例や、加齢の影響により弁が変形し、大動脈が狭窄を起こす例などがあります。他の弁膜症とは異なり加齢による影響は大きいです。

どんな人がなりやすいの?

大動脈弁狭窄症は先ほどの原因の一つでも取り上げた通り、加齢による影響で発症する方も多いため、70代以降の高齢者に多い病気です。その中でも動脈硬化症も原因となる事から、肥満、高血圧などいわゆる生活習慣病の人にはリスクが高いと言えます。中性脂肪やコレステロールが高かったり、生活リズムが不規則の方や、食事が偏ってる方は生活習慣病になりやすいので、おのずと大動脈弁狭窄症のリスクも高くなります。

検査・診断方法は?

大動脈弁狭窄症の検査は、聴診(心音図)、心電図、心臓超音波、胸部X線撮影を行います。特にこの中でも心臓超音波が非常に重要で、診断だけでなく弁の可動性や石灰化、癒着の程度、また実際に弁が開くときの面積を測る事から、大動脈弁狭窄症の重症度の判定を行う事もできます。また、左心室の機能の評価も診断します。経食道による心臓超音波検査を行えば、更に詳しい弁の評価が可能です。また、手術を必要とする患者さんの場合は、心臓カテーテル検査を行い冠動脈の病気を合併してないか調べる事もあります。

治療法は?

大動脈弁狭窄症の治療法は重症度によって異なり、中等度以下の場合は定期的な心臓超音波の検査で治療法を決定します。しかし、狭窄は徐々に進行するので注意が必要です。重症の方は早期の治療が望まれます。重症であっても無症状で心機能が正常な場合、定期的な心臓超音波検査による経過観察になる事もありますが、やはりこちらも徐々に進行するので基本的な治療法は手術になります。手術は狭窄している弁を切り取って、人口弁に置き換える置換術や自己心膜を使った弁形成術が用いられます。

診療科について

手術などの外科的治療は心臓外科、診察や検査は循環器内科となります。

一覧に戻る