メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

僧帽弁閉鎖不全症[ゾウボウベンヘイサフゼンショウ]

どんな病気?

僧帽弁閉鎖不全症は、大動脈弁狭窄症などと併せて「心臓弁膜症」と呼ばれる病気のひとつです。心臓は全身に血液を循環させるポンプの働きをしていますが、心臓の中には4つの弁があり、このうち左心房から左心室への入り口にある僧帽弁がきちんと閉じず、血液が漏れる病気が僧帽弁閉鎖不全症です。僧帽弁閉鎖不全症は初期には症状が現れにくいため、無症状のまま健康診断や他の病気で受診した際に見つかることも少なくありません。胸痛が出てから「狭心症」ではないかと疑って受診する人もいます。

どんな症状?

僧帽弁閉鎖不全症が起こると全身に十分な血液を送ろうとして心臓の拍動が増え、左心室と左心房の壁の筋肉が伸びて心臓が徐々に拡大していきます。そのため、「息切れ」「せき」「呼吸困難」などの症状が現れます。しかし、僧帽弁閉鎖不全症の特徴として初期段階ではこれらの症状があまり出ないため、他の心臓の病気だと思って受診した際に見つかることが多いです。僧帽弁閉鎖不全症は症状が現れる前から、聴診を受けると心臓の雑音が聞こえるというのも特徴のひとつと言えます。

原因は?

僧帽弁閉鎖不全症の主な原因は、弁を支える細いひものような組織(腱索)が伸びたり縮んだり、あるいは切れたりして起こる「僧帽弁逸脱」が原因になることがほとんどです。かつてはリウマチ熱の後遺症として起こることが多かったのですが、現在ではそれは減少しています。その他、「感染性心内膜炎」によって引き起こされることもあります。

どんな人がなりやすいの?

多くは原因不明ですが、動脈硬化が見られる人、心筋梗塞などの心臓の病気や高血圧で心肥大を起こしている人もなります。

検査・診断方法は?

僧帽弁閉鎖不全症は聴診で僧帽弁閉鎖不全症と診断されるケースが多々あり、この雑音が聞こえた場合、次に心臓超音波検査(心エコー検査)で詳しく調べます。この検査によってどの弁にどの程度の異常があるかがほぼ分かります。胸部エックス線や心電図検査も併せて行われますが、診断の決め手となるのは、この心エコーなのです。また、僧帽弁閉鎖不全症は胸の奥の方にあるので、通常のエコーでは見えにくい場合は経食道エコーを行うこともあります。

治療法は?

僧帽弁閉鎖不全症の治療法は、薬物治療と手術治療に分けられますが、弁の動きそのものを治す薬はないので、いわば対処療法として行われます。僧帽弁閉鎖不全症の基本は手術で、その手術には、人工弁に替える「弁置換術」と、弁を修復する「弁形成術」の二つに大きく分けられます。どちらも心臓を切開して行う手術で、一時的に心臓を止めて「人工心肺装置」で血液の循環を維持しながら行われます。弁置換術には、「機械弁」と「生体弁」があります。術後は心臓の回復を助け、心筋を保護する薬を飲みます。

診療科について

手術などの外科的治療は心臓外科、診察や検査は循環器内科となります。

一覧に戻る