メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心臓弁膜症[シンゾウベンマクショウ]

どんな病気?

心臓弁膜症の原因は、かつてはリウマチ熱の後遺症として起こるものが多かったのですが、現在は、高血圧、動脈硬化、加齢などに伴って起こるものが増えています。さらに、病気別に細かく原因を分類すると、狭窄症(大動脈弁狭窄症・僧帽弁狭窄症)では、弁の硬化や先天性二弁症や加齢なども起因しており、不全症(大動脈弁閉鎖不全症・僧帽弁閉鎖不全症)では、弁自体の異常、僧帽弁逸脱、感染性心内膜炎、心筋梗塞などが、その原因として考えられます。その他、心不全や、肺高血圧症によって引き起こされるものがあります。

どんな症状?

心臓弁膜症は、先に述べたように、狭窄症と閉鎖不全症があるのですが、そのいずれも、長い期間無症状の状態が続きます。狭窄症の場合は、限界に達すると、「息切れ」や、狭心症のような「胸痛」が現れます。また、脳へ送られる血液が不足して「失神」が起こることもあります。狭窄症では、これらの症状が出てくると、突然死のリスクが高くなるという危険性があります。閉鎖不全症の場合は、やはり、症状が現れづらいのですが、心臓の働きが、その拡大だけでは補いきれなくなると、「息切れ」「せき」「呼吸困難」を起こします。

原因は?

心臓弁膜症の原因は、かつてはリウマチ熱の後遺症として起こるものが多かったのですが、現在は、高血圧、動脈硬化、加齢などに伴って起こるものが増えています。さらに、病気別に細かく原因を分類すると、狭窄症(大動脈弁狭窄症・僧帽弁狭窄症)では、弁の硬化や先天性二弁症や加齢なども起因しており、不全症(大動脈弁閉鎖不全症・僧帽弁閉鎖不全症)では、弁自体の異常、僧帽弁逸脱、感染性心内膜炎、心筋梗塞などが、その原因として考えられます。その他、心不全や、肺高血圧症によって惹き起こされるものがあります。

検査・診断方法は?

心臓弁膜症は、初期には症状が現れにくいため、無症状のまま、健康診断や他の病気で受診した時に偶然見つかることがあります。診察では、特に聴診が大切です。聴診による検査の際、心臓の雑音があるのがこの病気の特徴で、この雑音から心臓弁膜症が見つかることがよくあります。次に、心エコー検査で詳しく調べますが、これによって、どの弁にどの程度の異常があるのかがほぼ分かるので、心臓弁膜症の診断がつきます。また、胸部エックス線や心電図なども行われますが、診断の決め手となるのは心エコー検査です。

治療法は?

心臓弁膜症の治療法は、対処療法的に用いられる薬物療法と、手術による治療の二種類があります。心臓の弁を治す薬はありませんが、むくみが出た時には利尿薬を使ったり、息切れが出た時には心臓の負担を減らすような薬を使って症状の改善を図ります。「ACE阻害薬」や「ARB」などの血管を広げる薬がよく用いられます。そして手術には、人工弁に替える「弁置換術」と、弁を修復する「弁形成術」の二つに大きく分けられ、置換術では異常のある弁を切除して人工弁に置き換えます。また、形成術では弁の形を整えて修復します。

診療科について

手術などの外科的治療は心臓外科、診察や検査は循環器内科となります。

一覧に戻る