メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

高血圧症[コウケツアツショウ]

どんな病気?

血圧とは心臓から送り出される血液が血管壁を押す圧力のことで、この圧力が高すぎる状態を高血圧症といいます。高血圧症は、血圧が高い状態が継続的に認められ、血管壁のストレスが常に生じていることを指しています。最もこの病気の重要なことは、血管壁のストレスにより次第に硬く厚くなり、結果的に内壁が狭くなって動脈硬化につながり、血液が流れにくくなることで細胞へ十分な栄養が行き届かなくなるため、全身の臓器障害につながってしまうことです。

どんな症状?

高血圧を示す数値は、約140/90mmHg以上とされ、人によっては精神的な影響で診察時と家庭では異なることがあります。家庭では約135/85mmHg以上の場合を基準にします。高血圧症の自覚的な症状は、障害された部位にもよりますが、脳血管の場合、片側性障害では左右どちらかの運動障害やしびれ、脱力感や激しい頭痛などを生じます。心臓の場合は、胸が締め付けられる感じや場合によっては意識を失うこともあります。血管障害が小さい場合、自覚症状を認めないこともあるため定期的な血圧チェックをする必要があります。

原因は?

高血圧症は遺伝的要素もありますが、一般的には次のようなメカニズムが原因で発症します。継続的に血管壁が圧力を受けると、その圧力に対応するため血管そのものを厚くする作用が働きます。そして血管内壁が厚くなると結果的に血液が流れる空間が狭くなってしまいます。さらに血液中に含まれる悪玉コレステロールや脂肪が多いと血管壁に入り込んで、より血管内壁が狭くなり高血圧の状態が慢性化し、高血圧症に移行してしまいます。このような悪循環が様々な障害を引き起こしてしまう原因なのです。

どんな人がなりやすいの?

高血圧症は一般的に運動不足や食生活、ストレス、喫煙が影響し、日頃の生活習慣が発症要因に大きく関係します。このようなリスクを最小限に抑えるためには、自らが注意する必要があり、特に中高年では気候や気温、日内変動にも気をつけなければなりません。また、ストレスに関しては若年層でも多く認め、睡眠不足や心的要因で高血圧症に移行することもあり、幅広い年齢層で注意が必要です。性格的には、几帳面な性格の方が高血圧傾向にあり、様々な要因でなりうる病気です。

検査・診断方法は?

高血圧症の検査・診断は、血圧測定を基準に行いますが、通常血圧は日内変動や環境によって左右されることもあるため、特に血圧が高くなりやすい状況を把握することが重要になります。また1~2週間の平均値が135/85mmHg以上の場合は、高血圧症の疑いもあるため医療機関の受診をおすすめします。動脈硬化の程度は血液検査で確認でき、その中でもLDLコレステロール値や中性脂肪値に注意して正常値を維持できる生活を心がける必要があります。

治療法は?

高血圧症の治療法は、主に運動療法と食事療法が中心で、コントロールの状況によっては薬物療法を併用することもあります。運動療法は、30~40分程度の軽い有酸素運動やストレッチ体操が効果的です。食事療法は高カロリーを避け、塩分に気をつける必要があります。薬物療法には血管を広げるカルシウム拮抗薬や心拍出量を減らす利尿薬等が用いられますが、年齢や高血圧以外の病気の有無、ほかの薬などを総合的に考慮しなければならないため、かかりつけの医師に相談して服用することが大切です。

予防法は?

予防法は、高血圧症になりやすい要素をなるべく避けることが重要で、通常の生活習慣がそのポイントになります。日常から適度な運動、バランスのよい食事と規則正しい生活を心がけることで高血圧症に至る可能性も少なくなります。そのほかに、肥満は高血圧症につながる確率が高いと言われていますが、最近では見た目では肥満ではなく、MRIなどの画像診断で内臓脂肪が多い人も増えており、隠れ肥満がサイレントキラーになることもあります。

診療科について

手術などの外科的治療は血管外科、診察や検査は循環器内科となります。

一覧に戻る