メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

胸部大動脈瘤[キョウブダイドウミャクリュウ]

どんな病気?

大動脈は心臓から血液を全身に送るための最も太い最大の動脈であり、体内の血液循環の大元を担っています。この大動脈の壁面が何らかの原因で弱くなり、部分的に瘤のようになったものが大動脈瘤と言います。大動脈瘤は発生する箇所により胸部大動脈瘤・胸腹部大動脈瘤・腹部大動脈瘤と分類されます。大動脈瘤は、破裂すると死に至る可能性の高い大変恐ろしい病気ですが、症状が出ないことが多く、なかなか早期の発見に至らないのが特徴です。

どんな症状?

胸部大動脈瘤は、破裂しない限り症状が出にくいことが特徴で、健康診断の際に胸部レントゲン撮影をおこなうと大動脈の拡大が認められ、胸部大動脈瘤と診断されることが多いです。急激に瘤が拡大することによって食道が圧迫され、食べ物や飲み物を飲み込みにくくなったり、息苦しさを覚えたりすることがあります。また、左反回神経の圧迫により声がかすれるなども症状の一つとして挙げられます。

原因は?

胸部大動脈瘤は、何らかの要因によって大動脈が大きく拡大する病気です。多くの場合では動脈硬化が原因とされており、血圧が上昇し血管に負荷がかかった状態が続くと血管が裂け、さらには瘤が破れ大出血を伴う恐れがあります。通常であれば動脈は強く弾力性に富んでいるのですが、血中コレステロールがたまったり、酸素、栄養の供給が滞ったりするなど、様々な要因がかさなることによって動脈が弾力性を失い、固く破れやすくなってしまいます。

どんな人がなりやすいの?

胸部大動脈瘤は多くの場合が動脈硬化によって引き起こされています。つまり、日ごろから高カロリー高脂肪の食生活をしている人は動脈硬化になりやすく、胸部大動脈瘤を発症しやすいといえます。肥満体型の方は特に注意が必要です。一見やせ形であっても、慢性的な運動不足などから血中のコレステロール値が高いと動脈硬化をおこす危険性があります。また、日常的に高血圧の方は血管への負担が大きく、発症のリスクを抱えていると言えるでしょう。

検査・診断方法は?

胸部大動脈瘤の検査には、心臓カテーテル、胸部X線、MRI、CT検査によるものなどがあります。胸部大動脈瘤は多くの場合で自覚症状をともなっていないので、定期検診などで胸部X線検査をした際に発見されることがあります。造影剤を使ったCT検査では大動脈が鮮明に写し出されるので、瘤の形態や部位、大きさなどを正確に調べることができます。経過観察し、拡大しているようであれば手術が必要になります。

治療法は?

胸部大動脈瘤の有効な治療法として、開胸による人口血管置換術があげられます。これは瘤の部分を切除して人口の血管に置き換えるもので、現在では最も一般的な実績のある方法です。しかし高齢の方や心臓などに疾患がある患者さんに対しては非常に高いリスクを伴う手術です。もう一つはステントグラフト内挿術です。これは、開胸手術にくらべ傷口が小さいため身体への負担が少なく、高齢の方などにも比較的安全な術式とされています。

予防法は?

胸部大動脈瘤の予防法としては、日ごろから血圧が上がらないようしっかりと血圧管理をすることが大切です。血圧が高くなるとその分血管に負担がかかり大動脈瘤ができやすくなります。たばこやアルコール類も一時的に血圧を上昇させるので控えた方がよいでしょう。大動脈瘤の原因になる動脈硬化を防ぐために、適度な運動と食生活の見直しにより脂質や糖分、塩分の取り過ぎを抑え、バランスの良い食事をとることも有効な予防法として挙げられます。

診療科について

手術などの外科的治療は血管外科、診察や検査は循環器内科となります。

一覧に戻る