メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

不整脈[フセイミャク]

どんな病気?

不整脈は心拍が不規則になることです。心拍が普通より遅かったり、速かったり、飛んだりして一定のリズムを刻みません。速い脈は「頻脈」と言って、心臓を動かすための電気が異常につくられることで起こります。また、遅い脈は「徐脈」と言い、心臓を動かすための電気がつくられなくなって出る症状です。この他、脈が飛ぶのは「期外収縮」と呼ばれ、通常と異なる場所から電気が送られることで起こるものです。

どんな症状?

不整脈の症状として、息切れ、ふらつき、全身の脱力、運動能力の著しい低下、失神、胸が苦しく締め付けられる感じがしたりします。他にも、吐き気、頭痛、急に胸がドキドキし脈が飛ぶような症状も出ます。病院で心電図をとることによって、その波形から異常を指摘されることがあります。もし、何らかの異常を感じたら、早めの受診をおすすめします。

原因は?

不整脈の原因は、心臓内の電気信号がうまく伝わらず、心臓内の正しいところを通らないことが原因と言われています。先天的な心疾患や心臓弁障害、冠動脈疾患、他にも甲状腺障害や、肺に疾患がある人もかかりやすい病気です。また、不規則な生活習慣やストレスによって、心のバランスを失うことが原因だとも言われています。いくつかの要因が複雑に絡みあって発症すると考えられています。

どんな人がなりやすいの?

不整脈は、心臓に持病のある人がかかりやすいと言えます。例えば、冠動脈疾患や心臓弁障害、先天性心疾患、甲状腺異常や肺が弱い方が該当します。他にも後天的な要因としてストレス、睡眠不足、疲労などがあり、要因は複雑に絡み合って発症します。もともと健康だった方も、様々な要因が重なりあって突然発症することがあり、ストレスをより感じやくため込む方は、特に不整脈になりやすいと言えるでしょう。

検査・診断方法は?

不整脈の検査法として、まず「安静時12誘導心電図検査」があります。これは横になり、12カ所に電極をつけ、心電図をとります。また、「ホルター心電図」と言われる、別名24時間心電図は、患者さんの1日分の心電図を記録し、詳しく心臓の動きを解析します。「心臓電気生理検査」(EPS)は、電極がついたカテーテルの細い管を足の付け根の静脈から数本挿入するもので、不整脈の確実な診断により有効と考えられています。

治療法は?

不整脈の治療法は、症状の程度によります。徐脈の場合は、心臓内の電気がうまく発生しないために起こるので、それを補うペースメーカーを心臓内に埋め込むことにより、人工的に電気を発生させます。頻脈の場合は、投薬が行われます。具体的には、抗不整脈や血栓を溶かす薬などが、組み合わされて出されることが多いです。それで改善しない時には、「ICD」(植込み型除細動装置)を心臓内に入れることで、症状の緩和をはかります。

診療科について

手術などの外科的治療は血管外科、診察や検査は循環器内科となります。

一覧に戻る