メニュー

心臓手術のニューハート・ワタナベ国際病院

ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

冠攣縮性狭心症[カンレンシュクセイキョウシンショウ]

冠攣縮性狭心症とは

狭心症の一種です。

冠攣縮性狭心症の症状・原因

就寝中、特に明け方に生じる安静時胸痛が特徴です。
「冠攣縮」とは、冠動脈の痙攣で、それにより生じるのが冠攣縮性狭心症です。

冠攣縮性狭心症の検査

確定診断には冠動脈造影を施行、冠動脈の痙攣誘発試験を行います。

冠攣縮性狭心症の治療(手術)法・入院期間・術後

硝酸薬やカルシウム拮抗薬などのお薬によって、冠攣縮を予防する治療を行います。

冠攣縮性狭心症の予防・食事

特に制限はありませんが、服薬は忘れず確実にしなければなりません。自己中断は危険です。

ニューハート・ワタナベ国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、
身体に優しい小切開手術やロボット支援手術などの最新かつ高品質な医療を提供しています。
診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。

病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料ネット外来®

循環器内科についてはこちら

一覧に戻る