メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心房細動[シンボウサイドウ]

心房細動とは

心房が痙攣したようになり、心拍数が早くなったり、心房と心室の連携が取れなくなり心機能が低下することがあります。
また、心臓の中で血液がよどみ、血の固まり(血栓)ができて血流に乗って運ばれ、体のあちこちで血管を詰まらせる(脳梗塞など)ことが問題になります。

心房細動の症状・原因

症状は個人差が大きく、まったく自覚症状のない人もいますが、 脈が飛ぶ、 動悸がする、胸の苦しさを感じる、息切れがする、突然倒れるなどさまざまです。
原因は、通常とは異なる電気信号が発生することです。

心房細動の検査

心房細動を確実に診断するには、まず「心電図検査」で脈の乱れを検査します。
心房細動の状態が時々しか起こらない『発作性心房細動』は、24時間心拍を記録するホルター心電図で見つけます。

心房細動の治療法・入院期間・術後

心房細動では血液が固まるのを防ぐために「抗凝固薬」という種類の飲み薬を使います。
心房細動を軽減するための心臓の治療には、「抗不整脈薬」や「アブレーション」があります。アブレーションはカテーテルを用いて心筋焼灼する方法です。

心房細動の予防・食事

動悸が止まらない場合は最寄りの循環器科を受診してください。
特に制限はありませんが、内服薬は忘れずに飲んで下さい。

患者さんの声

一覧に戻る