メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心房細動[シンボウサイドウ]

心房細動とは

高齢者に多く70代では約5%・80代では約10%の割合で起こる病気で、全国に約130万人の患者がいると言われていますが潜在的な患者数は200万人に上ると考えられています。
心房細動とは所謂不整脈でペースメーカーなどの正常な信号で心房内の興奮を抑える事が出来ずに1分間に約350~600回の不規則な信号を発信し、心房全体が小刻みに震え、全身に血液が送れない状態になり、めまいなども起こります。
また、心房細動で注意する点は血栓ができやすくなり脳梗塞のリスクが通常よりも5倍以上高くなる点です。

心房細動の症状・原因

心房が小刻みに震えて収縮が正常に出来なくなり、拡張期に血液が満たされない状態になる為に血液量が約20%程度減少し全身の血管内の血液が澱みます。
血液量が減少する為に息切れ・眩暈・胸が苦しいと言った心不全の症状が現れます。一時的な細動でも放置する事で慢性化しやすく、正常な心リズム(洞調律)を取り戻す事が難しくなります。
加齢による心機能の低下・高血圧・肥大性や拡張型心疾患・僧帽弁疾患(心臓弁膜症)など心臓そのものに誘発因子がある場合とストレス・喫煙・過労・暴飲暴食・睡眠不足など生活習慣からの誘発因子があります。
呼吸器疾患や甲状腺疾患の合併症として心房に負荷が加わり発現する場合もありますが、高血圧を含めた原疾患がなくても原因が特定されていないケースがあります。
近年肺静脈を起源とする期外収縮が心房細動の引き金になっていると解明されました。

心房細動の検査

12誘導心電図が一般的で簡単な検査ですが、心房細動の病型をチェックするには24時間ホルター心電計を付けます。
問診で高血圧・糖尿病・素因となる心疾患の有無、血液生化学検査で甲状腺疾患を確認して確定診断に至ります。
心エコーや頭部のMRIなど画像診断で血栓の有無や塞栓状態・血液量・逆流を把握してリアルタイムの症状を確認します。
イベントモニターを1週間装着し、症状が現れたらスタートボタンを押すと前後の心電図を計測する方法も有効です。

心房細動の治療法・入院期間・術後

抗凝固剤などの薬剤によって心房細動そのものよりも、二次的な血栓症(脳梗塞など)を予防する治療法が一般的ですが、細動が慢性化し発作を抑える場合は全身麻酔下において電気ショックで発作を止る方法が効果的です。
他に非薬剤療法である高周波カテーテルアブレーション療法・ペースメーカー療法・外科手術療法を患者の症状に合わせて使い分ける必要があります。薬剤療法はリズムを整える療法もあり血栓予防以外でも処方されます。

循環器系の疾患や治療等でお悩みでしたらお気軽にお問合わせください。

無料ネット外来®

循環器内科についてはこちら

一覧に戻る