メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心室頻拍[シンシツヒンパク]

心室頻拍とは

心室(心臓の下の部屋)から、心室期外収縮が、高頻度に出現する(心拍数が1分間に120回以上の頻度で心室期外収縮が3連発以上出現する場合)ものを心室頻拍といいます。
突然死の原因となることがあり注意が必要です。

心室頻拍の症状・原因

自覚症状は、胸が急にドキドキする、息切れがする、めまい、ふらつき、意識消失発作などがあります。
特に誘引なくおこることもありますが、狭心症、心筋梗塞、心筋症、弁膜症など元々の心臓に病気がある方に特に心室頻拍は発生しやすくなります。

心室頻拍の検査

12誘導心電図、イベントモニター、ホルター心電図、心臓電気生理学的検査。

心室頻拍の治療法・入院期間・術後

薬物治療と非薬物治療があります。
後者にはカテーテルアブレーション、場合によって植え込み型除細動器の手術を行います。

心室頻拍の予防・食事

特に制限はありませんが、服薬は忘れず確実にしなければなりません。
自動車の運転に制限が出る場合があります。

循環器系の疾患や治療等でお悩みでしたらお気軽にお問合わせください。

無料ネット外来®

循環器内科についてはこちら

一覧に戻る