メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

甲状腺がん[コウジョウセンガン]

甲状腺がんとは

甲状腺がんのほとんどを占める乳頭がん、濾胞(ろほう)がんは、悪性度の低い分化型に分類されます。
一方、悪性度の高いがんには、髄様(ずいよう)がん、未分化がん、悪性リンパ腫などがあります。
このうち、もっとも悪性度が高いものは、未分化がんです。組織型によって特徴が異なります。

甲状腺がんの症状・原因

甲状腺がんは、がんの種類によって症状が異なります。甲状腺がんでは、しこり(結節:けっせつ)以外、自覚症状がみられないことがよくあります。
しかし、未分化がんや悪性リンパ腫では、声のかすれ(嗄声:させい)やしこりの部分の痛み(圧痛:あっつう)があらわれることがあります。

甲状腺がんの検査

採血検査、超音波検査(エコー)、細胞診(エコー下穿刺吸引細胞診 )、CT検査、MRI検査、PET。

甲状腺がんの治療法・入院期間・術後

・切除術 通常は頚部横切開(数cm〜10cm) 
・ロボット手術(腋窩アプローチ)  
・手術後数日(3-5日)で退院(通常手術、ロボット手術共に)

甲状腺がんの予防・食事

特になし。

患者さんの声

一覧に戻る