メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

良性甲状腺腫瘍[リョウセイコウジョウセンシュヨウ]

良性甲状腺腫瘍とは

腺腫と腺腫様甲状腺腫があります。
腺腫は、多くは甲状腺の左右どちらか一方にしこりができるものです。女性に多く、大きさは様々です。
腺腫様甲状腺腫では、左右の甲状腺に大小さまざまな大きさのしこりがいくつかできます。
良性ですが、一部にがんが含まれていることがあります。

良性甲状腺腫瘍の症状・原因

甲状腺のはれとして見つかったり、超音波検査などで偶然見つかることもあります。
甲状腺全体がはれる「びまん性甲状腺腫」と、甲状腺が部分的にしこりのようにはれる「結節性甲状腺腫」があります。
ほかには何も自覚症状がないのが特徴です。

良性甲状腺腫瘍の検査

採血検査、超音波検査(エコー)、細胞診(エコー下穿刺吸引細胞診 )、CT検査、MRI検査、PET。

良性甲状腺腫瘍の治療法・入院期間・術後

・切除術 通常は頚部横切開(数cm〜10cm)
・ロボット手術(腋窩アプローチ)
・手術後数日(3-5日)で退院(通常手術、ロボット手術共に)

良性甲状腺腫瘍の予防・食事

特になし。

内分泌系の疾患や治療等でお悩みでしたらお気軽にお問合わせください。

無料ネット外来®

内分泌外科についてはこちら

一覧に戻る