メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

橋本病[ハシモトビョウ]

橋本病とは

橋本策先生が1912年に医学雑誌に発表したため命名されました。
甲状腺に慢性の炎症が起こったもので、慢性甲状腺炎ともいいます。
ホルモンの合成に異常がないことも多いが合成が低下することがあります。

橋本病の症状・原因

橋本病は「自己免疫」の異常が原因で起きる炎症です「慢性甲状腺炎」ともいいます。
甲状腺の病気のなかでもとくに女性に多いとされています。
頚部の腫れの他に、甲状腺機能低下症の症状を呈することがあります。
むくみ、乾燥肌、寒がり、体重増加、徐脈、無気力、月経異常など。

橋本病の検査

採血検査、超音波検査(エコー)。

橋本病の治療法・入院期間・術後

甲状腺機能低下がある場合には薬物治療が必要。

橋本病の予防・食事

海藻の中でも特に昆布(ヨウ素)が含まれるものを大量に摂取しりつづけると、甲状腺機能が低下し甲状が腫大することがあります。

患者さんの声

一覧に戻る