メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

副甲状腺腫瘍[フクコウジョウセンシュヨウ]

副甲状腺腫瘍とは

副甲状腺機能亢進症に合併して発見されることがおおく、悪性はまれ。

副甲状腺腫瘍の症状・原因

副甲状腺機能亢進症に準ずることが多い。

副甲状腺腫瘍の検査

採血検査、超音波検査(エコー)、細胞診(エコー下穿刺吸引細胞診 )、CT検査、MRI検査、PET。

副甲状腺腫瘍の治療法・入院期間・術後

超音波ガイド下エタノール注入療法、内科的治療、手術による副甲状腺病変の摘出。
通常は頚部横切開(数cm〜10cm)
ロボット手術(腋窩アプローチ) 
手術後数日(3-5日)で退院 (通常手術、ロボット手術共に)

副甲状腺腫瘍の予防・食事

特になし。

内分泌系の疾患や治療等でお悩みでしたらお気軽にお問合わせください。

無料ネット外来®

内分泌外科についてはこちら

一覧に戻る