メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

胆石症[タンセキショウ]

胆石症とは

胆嚢内に石ができる病態ですが、これだけでは無症状のことが多く、胆嚢頸部や胆嚢管に石が詰まることで胆石発作や胆のう炎をおこします。

胆石症の症状・原因

原因は結石の種類によって違いますが、高脂肪食、肥満、細菌感染、胃の術後、胆嚢の機能不全などが原因と考えられます。
発作や胆嚢炎の際には右の肋骨の下や、胃のあたり、背中が痛くなることがあります。

胆石症の検査

腹部超音波検査、腹部CT検査などを行います。

胆石症の治療法・入院期間・術後

根本的な治療は腹腔鏡下胆嚢摘出術です。数日間の入院が必要となります。

胆石症の予防・食事

高脂肪食を避けてください。

消化器系の疾患や治療等でお悩みでしたらお気軽にお問合わせください。

無料ネット外来®

消化器外科についてはこちら

一覧に戻る