メニュー

心臓手術のニューハート・ワタナベ国際病院

ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

鼠径ヘルニア[ソケイヘルニア]

鼠径ヘルニアとは

腹腔内の腸などの臓器や脂肪が腹壁の弱い部分から、腹膜をかぶったまま、ポコッと体表に飛び出して腫れて見える病気です。
脱腸とも言います。

鼠径ヘルニアの症状・原因

鼠径部(足のつけね、恥骨の外側)がポコッと腫れる状態です。
通常立位で目立ち、仰向けに寝ると目立たなくなります。
原因は加齢や腹圧によって腹壁の弱い部分が圧に負けて飛び出すことなので、便秘気味でいきむ方や、咳などが慢性的に出て腹圧が強くかかることが多い人が発症しやすいです。

鼠径ヘルニアの検査

視触診でほぼ診断がつきますが、紛らわしい場合にはCT検査などを追加することもあります。

鼠径ヘルニアの治療(手術)法・入院期間・術後

手術(腹壁の弱くなったところを補強する)が唯一の治療です。
腹腔鏡下で行う方法、鼠径部を直接切開して行う前方法があります。
2~4日くらいの入院です。

鼠径ヘルニアの予防・食事

過度に腹圧をかける生活習慣は避けてください。

ニューハート・ワタナベ国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、
身体に優しい小切開手術やロボット支援手術などの最新かつ高品質な医療を提供しています。
診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。

病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料ネット外来®

消化器外科についてはこちら

一覧に戻る