メニュー

心臓手術のニューハート・ワタナベ国際病院

ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

胃炎[イエン]

胃炎とは

胃がただれた状態ですが、粘膜の萎縮が進んだ萎縮性胃炎の状態が多いです。

胃炎の症状・原因

胃の痛み、吐き気、胃のもたれなどが症状として出ることが多いですが、特別症状がないこともあります。
萎縮性胃炎の原因はほぼピロリ菌ですが、急性胃炎の原因としては薬剤性やストレスなどもあります。

胃炎の検査

胃の内視鏡検査を行います。
ピロリ菌が関与すると思われれる場合には尿素呼気法や血液検査、便の検査などでピロリ菌の有無も調べます。

胃炎の治療(手術)法・入院期間・術後

症状に合わせて胃酸分泌抑制薬、胃の粘膜保護剤、胃の機能調整剤などの内服を行いますが、ピロリ菌がいた場合にはピロリ菌除菌を行います。
通常は外来での治療となります。

胃炎の予防・食事

ピロリ菌が陽性であれば除菌療法がお勧めです。

ニューハート・ワタナベ国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、
身体に優しい小切開手術やロボット支援手術などの最新かつ高品質な医療を提供しています。
診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。

病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料ネット外来®

消化器外科についてはこちら

一覧に戻る