ニューハート・ワタナベ国際病院 ニューハート・ワタナベ国際病院

ニューハート・ワタナベ国際病院は、心臓大血管疾患および胸部疾患を中心とした先端的高度専門治療を行う病院です。

日本のみならず、世界中の心臓病に苦しむ患者さんをひとりでも多く救うため、常に最先端かつ最高度な技術を追求実践してきた総長の渡邊剛と、志を同じくする精鋭医師たちが、診察や手術を行っています。

心臓の病気で苦しんでおられる方は、お気軽にご相談ください。
ご相談には、総長の渡邊が直接お答えします。できるだけ早い返信を心がけていますので、心臓手術が数日後に迫っている方でもまだ間に合います。セカンドオピニオンとしてご相談ください。

\ お気軽にご相談ください /

無料メール相談はこちら

メール相談は24時間受付可能です。
セカンドオピニオンも受け付けています。

ご相談の多い病気の具体例

狭心症、心筋梗塞、心房細動、心不全、心臓弁膜症、大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症、大動脈弁閉鎖不全症、僧帽弁閉鎖不全症、三尖弁閉鎖不全症、大動脈瘤、心房中隔欠損症、感染性心内膜炎、不整脈など。

当院の心臓手術

時代にともない、心臓手術も進化しています。現在の心臓手術は、体に小さな穴を開けて内視鏡だけで行います。胸を切り開く必要がないため、大きな傷跡が残らず、早期退院・社会復帰が可能です。無輸血または少ない輸血量で済みます。

手術支援ロボットダヴィンチ手術の術後傷跡
手術支援ロボットダヴィンチ手術の術後傷跡

総長の紹介

渡邊 剛

渡邊 剛

経歴

  • 1984年 金沢大学医学部 卒業

  • 1989年 ドイツ・ハノーファー医科大学心臓血管外科 留学

  • 2000年 富山医科薬科大学医学部 助教授

  • 2000年 金沢大学医学部外科学第一講座 主任教授

  • 2005年 東京医科大学心臓外科 教授(~2011年兼任)

  • 2011年 国際医療福祉大学 客員教授

  • 2012年 日本学術振興会 専門研究員

  • 2013年 帝京大学心臓外科 客員教授

  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 総長

当院の特徴

開院からの心臓手術実績2050件

開院からの心臓手術実績2050件

2014年に開院して以来、2050件の心臓手術を行ってきました。2018年には、年間477件の心臓手術を行っています。

2018年 477件
2017年 461件
2016年 403件
2015年 341件
2014年 138件

年間心臓手術実績

負担の少ない手術

負担の少ない手術

当院では、手術支援ロボット「ダビンチ」を用いた手術を行っています。当院は、ロボット手術のメッカであり、ロボット心臓手術のプロフェッショナルです。

ダビンチ手術は、骨を切ることなく数カ所の小さな穴だけですべての操作を行うため、術中の出血が少なく、術後の痛みも軽く、また美容的にも優れた手術です。

これまでの術式と比べ、入院期間は大幅に短縮し、心房中隔欠損症など軽症例は、術後3日程度で退院が可能です。また、手術中の体への負担も軽く痛みも少ないため、早期の社会復帰ができます。アメリカの約10施設の超一流病院では、ダビンチによる僧帽弁形成術が導入されています。

施設やサービスの充実

施設やサービスの充実

入院療養環境は、全室個室、デザイナーズルーム、医療コンシェルジュ等を配し、きめ細かなサービスを充実させることにより、患者様の満足を得る工夫を数多く実施しています。

医療連携

医療連携

地域密着はもちろん、南は沖縄から、北は北海道まで、1,000km圏内の医療連携を実現しています。遠方から当院に来られる方も多数いらっしゃいます。

ドクターの紹介

当院のドクターをご紹介します。

大竹 裕志

大竹 裕志

経歴

  • 1996年 金沢大学医学部附属病院 第1外科 助手

  • 1998年 Alexander von Humboldt財団奨学生としてDüsseldorf大学血管外科で臨床研修及び研究に従事

  • 2000年 金沢大学医学部附属病院 第1外科 助手

  • 2003年 金沢大学医学部附属病院 心肺・総合外科(旧第1外科)講師

  • 2010年 金沢大学大学院医学系研究科 地域医療・心肺・総合外科 特任教授

富田 重之

富田 重之

経歴

  • 1992年 金沢大学医学部医学科 卒業

  • 1997年 金沢大学 大学院医学研究科 外科系専攻博士 卒業

  • 2000年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)医員

  • 2002年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)助教

  • 2004年 金沢大学 大学院医学系研究科 講師兼任

  • 2008年 ドイツ Oludenburg Klinikum臨床留学

  • 2010年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)助教復職

  • 2011年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)臨床准教授

  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 副院長兼心臓外科部長

宮田 和人

宮田 和人

経歴

  • 1996年 東京医科大学麻酔科学講座入局

  • 2000年 国立大蔵病院麻酔科医員

  • 2000年 東京医科大学霞ヶ浦病院麻酔科助手

  • 2006年 東京医科大学麻酔科学講座助教

  • 2010年 東京医科大学麻酔科学講座講師

  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院麻酔科

  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 副院長兼麻酔科部長

他にも多数のドクターや専門スタッフが控えています。

当院から患者様への
3つの約束

  • 1日本でいま受けられる中で、先端的かつ高度でハイエンドな治療をオーダーメイドで提供すること。
  • 2自分の家族を思うように、患者さんのことを思い、治療にあたること。
  • 3元気になって帰っていただくこと。

※紹介状やこれまでの検査データがなくても診察可能です。
※患者様への情報公開として、手術中の様子をご家族が直接見られます。

\ お気軽にご相談ください /

無料メール相談はこちら

メール相談は24時間受付可能です。
セカンドオピニオンも受け付けています。

心臓手術のよくある質問

説明

他の病院で心臓手術の詳しい説明がありませんでした。病気や手術方法について詳しい説明はしてもらえますか?
病気や手術方法について患者様にご納得いただけるまで時間をかけて丁寧に説明します。不安なことがあれば、医師に何でもお伝え下さい。

費用

ロボット心臓手術に保険適応は可能ですか?
2018年4月1日より僧帽弁形成術、三尖弁形成術に対して健康保険が適用(限度額認定証の使用が可能)になりました。

カレンダー

最初の相談から手術までに時間はどのくらいかかりますか?
ご相談から1カ月以内での手術も可能です。お急ぎの場合は、遠慮なくお伝え下さい。

日本地図

遠くに住んでいるのですが、病院に何回行く必要がありますか? 手術後も行く必要がありますか?
診断と手術の最低2回から大丈夫です。手術後も当院で診察を行っていますが、遠方の患者様でご希望の方には、お近くの信頼できる医師や病院を紹介しています。

病院施設の概要

事業主体 医療法人社団 東京医心会
総長 渡邊 剛
病院名 ニューハート・ワタナベ国際病院
(英名:NewHeart Watanabe Institute)
業務内容 心臓血管外科、循環器内科を中心とする高度専門治療を行う国際病院
建物 鉄筋コンクリート構造(地上5階)
設備 心臓手術設備2カ所、大血管手術設備(ステントを含む)1カ所、冠動脈診断・治療設備1カ所
住所 〒168-0065 東京都杉並区浜田山3丁目19−11
最寄り駅 京王井の頭線「浜田山」駅から徒歩6分
電話番号 03-3311-1119
FAX 03-3311-3119
病床数 44床(HCU9床)
職員数 約130名
診療受付時間 午前10:00〜13:00(受付 12:45まで)
午後15:00〜18:00(受付 17:45まで)
(※往診・在宅診察 午後14:00〜17:00)
休診日 土曜日午後、日曜日、祝祭日
駐車場
取扱保険 保険医療機関
クレジットカード 不可

無料メール相談フォーム

心臓の病気で苦しんでおられる方は、お気軽にご相談ください。ご相談には、総長の渡邊が直接お答えします。
また、できるだけ早い返信を心がけています。心臓手術が数日後に迫っている方などもセカンドオピニオンとしてご相談ください。
※メール相談は24時間受付可能です。
※セカンドオピニオンも受け付けています。
お名前必須
メールアドレス必須
電話番号(携帯可)必須
心臓手術に関するご相談内容必須