メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

患者さんの声

体験談 - 乳がん手術

先日、聖マリアンナ医科大学 乳腺・内分泌外科教授の津川浩一郎先生に手術支援をお願いし、専門的な乳房切除術を行いました。
経過も良好で患者様にも満足していただきました。 当院としては患者様にベストな治療を受けていただくために、院外の先生を招聘し手術支援をお願いすることもオプションとして準備しております。
どのような疾患でもご相談下さい。

患者様の感想

こちらの病院の始めて門を叩いたのは乳癌だと宣告されたとき。ガン専門の病院しか頭に浮かばずこちらの病院に連絡を入れたらいつでもきてくださいとの快いお返事。それでも怖くてなかなか行けませんでした。ようやくたどりついた診察室。大竹先生の優しいお人柄と喋り方に救われました。わからないことだらけの私、誰もがガンと宣告をされたら早く検査、治療をしないといけいとわかっても怖くて動けない。道を開いて下さったのは大竹先生です。
本当に感謝しています。

初めての症例にもかかわらず優しい先生、看護師さん、スタッフの方々に励まされ癒やされました。本当の医療というものに触れた気がします。検査も噂で聞く痛くイヤなものではなく充分に配慮され、帰りには明るい気持ちで帰ることができました。こちらの病院を知ってから他の病院へ行くとガンという病気の重さと怖さを知りました。ワタナベ病院の居心地のよさとスタッフのあたたかさを知りどんなにいい病院であるかと。
私の気持ちをくんで頂きこちらの病院で手術をすることになったとき、その対応のスピーディーさと大変な手続きであろうにさも何もないようにする先生方。他院にも関わらず嫌な顔ひとつせずに手術を引き受けて頂いた乳腺のスーパーDr.津川浩一郎先生。
ありがとうございます。

手術室では緊張や不安な思いをさせないようにとの心配りや言葉のやり取り、雰囲気、今、思い返しても本当にほっこりとした気持ちになります。術後、看護師さんのこちらの気持ちを測りながらの明るい対応には頭がさがりました。男性の看護師さんがいるのも魅力的で安心でした。私は心身共に傷つき弱り切っていたのですがみごとに心身ともに回復させて頂きました。心身ともに回復させてくれる病院はなかなかありません。病院全体がホスピタルです。
ありがとうございました。

渡邊先生、大竹先生と毎日、顔を見せて頂いてなかなかできないことを何気なくされる姿勢、本当に素晴らしいです。優しさ思いが伝わりまさしくスーパーDr.の所以だなと思いました。そんな渡邊先生が作られたニューハートワタナベ国際病院、名前の通りだと思います。

津川先生をはじめ渡邊先生、大竹先生、宮田先生、看護師さん、お手伝いなさっている方々ありがとうございました。こんな素晴らしい病院で検査、入院、手術、治療ができ私は幸せ者です。これからも長いお付き合いになりますがどうぞよろしくお願いいたします。

「患者さんの声」のトップに戻る