メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

患者さんの声

2015年

狭心症の手術のセカンドオピニオン

冠動脈バイパス手術 M.H.さん

前略

ニューハート・ワタナベ国際病院
渡邊剛総長様
ドクター、スタッフの皆様

拝啓 渡邊総長様には相変わらずご多忙の事をお察し申し上げます。

この度は狭心症の冠動脈バイパス手術をして頂き約1カ月になりました。ひとかたならぬお世話になり、有難うございました。

他の病院で手術を受ける方向で進んでいましたが、セカンドオピニオンで、渡邊総長先生にお会いして絶対に信頼できるニューハート・ワタナベ国際病院で手術を受けようと決心しました。
最初は不安でしたが、富田副院長様に手術前に詳しくわかりやすくご説明して頂き安心して手術を受けることが出来ました。
手術11日後に退院して、退院翌日より会社に出勤しています。
やさしい先生方ばかりで、渡邊総長はじめ大竹副院長、富田副院長、木内先生、捶井先生、又、看護師の皆様、スタッフの皆様本当に有難うございました。
入院中は、ハード面もソフト面も全てにおいて最高の病院でした。
ベストの手術と治療を受けることが出来たことは、大きい喜びで幸福を感じます。

今は、血管グラフとの取り出した傷が少しずつ時間をかけて治っていくだけです。
今後、私のように冠動脈バイパス手術で不安を感じている方がいましたら、渡邊雄長様に相談されるように薦めたいと思います。
来月中旬に状況する機会がありますので、外来予約をお願いしたいと思っております。
ニューハート・ワタナベ国際病院の益々のご繁栄と、渡邊総長様はじめドクター、スタッフの皆々様のご健勝を祈念申し上げます。

毎日、朝血圧測定が日課となり、「心臓さんありがとう」の気持ちをもって、日々人生を楽しみたいと思います。
本当に有難うございました。

敬具

平成27年4月
M. H. (香川県)

「患者さんの声」のトップに戻る

関連リンク

狭心症