メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心筋梗塞[シンキンコウソク]

心筋梗塞とは

心筋梗塞は冬場に多く発症し、時間帯別では朝方に多い病気と言えます。特に温度差が生じる場所が極めて危険とも言われています。
また日常生活習慣、特に高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満との関わりがあるといわれています。それらの生活基盤から発生する動脈硬化や血栓症が原因となり、血栓形成が始まり冠動脈から始まる心臓周辺の血管を突然つまらせることになります。
一刻を争う重篤な疾患であり、発症後できるかぎり早急に病院へ行き、治療を始めることが重要です。

心筋梗塞の症状・原因

心筋梗塞は、強い胸の痛みや締め付け感、圧迫感、焼けつくような感じなどが30分以上継続して起こります。継続する症状から恐怖感や不安感を伴うこともあります。
痛みの部分は大半が前胸部痛であり胸全体との表現もされています。まれに首や背中、左上腕、上腹部に痛みを感じることもあります。また呼吸困難感を訴える場合もあり、吐き気や嘔吐、冷や汗、腕や顔面のしびれも特徴の一つとされています。
心筋梗塞は、全身の血管が老化または動脈硬化を起こすことでおこる病気であり、原因の大半をしめています。
発症の引き金としていわれているものにストレスや鬱(うつ)があります。成人病予防と同様に、心の健康維持も、心筋梗塞を含めた循環器病の発症を抑えるために必要な因子となります。
加齢からくるもの以外に高血圧、高脂血症、喫煙、糖尿病、肥満などは動脈硬化をおこす原因となり心筋梗塞発症の危険因子としてはとても重要なものになります。

心筋梗塞の検査

心筋梗塞診の検査には、採血、心電図検査、などがあります。採血では、障害を受けた心筋から逸脱してくる酵素を測ります。
代表的なものにクレアチンホスホキナーゼがあり、CK-MBなどアイソザイムも測ります。心電図でのST上昇などの波形の変化、数時間後の異常なQ波、数日後の冠性T波の3つは特徴的です。
心電図は急性期の変化を捉えるのに適しています。その他、心臓エコーは心筋梗塞を起こした部分の心筋の動きや収縮低下に有効です。

心筋梗塞の治療法・入院期間・術後

心筋梗塞の治療法は一般的な治療と特殊な治療とに分類されます。広範囲に梗塞が生じた場合、予後は非常に悪くなりがちです。できる限り早く詰まった血管を再開通させることを考えなければなりません。
一般的に再還流療法と言います。その中には血栓を溶解させる薬を静脈や冠動脈から注入する方法やカテーテルでのバルーン拡張術やステントの留置術などが知られています。
血栓溶解療法の場合、出血性の合併症の頻度も高く、緊急の冠動脈バイパス術を行うことになります。

心筋梗塞の予防・食事

心筋梗塞を引き起こす原因になる狭心症を予防するためには、生活改善が一番重要です。
不規則な生活習慣やストレスを避け、バランスのよい食事をすること、ウォーキングなどの有酸素運動を行うこと、喫煙習慣がある場合はそれを断ち切ることです。
喫煙は血管を傷つけたり血栓の原因になるなどの悪影響を与えます。またストレスは発作の引き金となるため、気分転換などをするように心がけることが重要です。

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらから

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る