心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

Language 各種お問い合わせ

Language
MENU

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会 ニューハート・ワタナベ国際病院

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

来院・入院の方

病気・手術

診療科紹介

当院紹介

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

ニューハート・ワタナベ国際病院の心臓手術の特徴

我々は医療の本質とは、疾病を治すことだけではなく、病気に苦しむ人に、現状での最大の満足を届けることにあると確信しています。

患者さんの満足には、診断や治療過程の苦痛の軽減、医療行為の結果、治療期間の短縮、そして気持ちの安らぐ療養環境などが考えられます。

『ニューハート・ワタナベ国際病院』では、【身体に優しい医療】や【心地の良い療養環境】の整備に力を注ぎ、病院を訪れるすべての人に満足をお届けするように努めます。

我々の究極の目的は、日帰りの心臓手術または、カテーテル治療によって、患者さんを負担から解放し、新たな医療環境を創造することです。

対応する主な疾患

心臓弁膜症

心臓弁膜症は、心臓の弁が何らかの原因によって機能が低下する病気の総称です。
弁の閉じ方が不完全になる”閉鎖不全症”、石灰化などにより弁が固くなり、血流が妨げられる”狭窄症”があります。具体的には大動脈弁、僧帽弁、三尖弁など具体的な病名がついています。
詳細はこちら

大動脈弁狭窄症

大動脈弁狭窄症とは、心臓の弁のひとつがちゃんと開かず、心臓から全身に血液が送り出しにくくなってしまう病気です。
進行すると、狭心痛や心不全などを起こします。また、安静時でも息切れの症状が現れ、最終的には突然死にいたることもあります。無症状の時期が長く続き、症状が現われるようになってからは、一般に予後が不良です。
詳細はこちら

大動脈弁閉鎖不全症

大動脈弁閉鎖不全症とは、心臓の弁のひとつが正常に働かなくなって、心臓の中で血液が逆流する病気です。心臓に負担をかけ、全身に充分な血液が送り出せなくなるため、動悸や息切れなどが起こります。初期はほとんど自覚症状がなく、重症化してはじめて気づくことの多い厄介な病気です。
詳細はこちら

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症とは、心臓の弁のひとつが正常に働かなくなって、心臓の中で血液が逆流する病気です。さらに、社会の高齢化に伴って増加している心臓弁膜症の一つでもあります。
心臓や肺に負担をかけ、全身に充分な血液が送り出せず、息切れや咳、呼吸困難などが起こります。病勢が進むと心不全を引き起こしますが、慢性の場合、初期には自覚症状がなく、健康診断を受けたり、他の病気で検査をしたりしたとき、初めて気づくことがしばしばあります。
詳細はこちら

僧帽弁狭窄症

石灰化により僧帽弁が固く狭くなり、次第に血流が妨げられる病気です。
初期には症状が現れにくいため健康診断や他の病気で受診した際に偶然見つかることもあります。
胸痛が出てから「狭心症」を疑って受診する人もいます。
詳細はこちら

三尖弁閉鎖不全症

三尖弁閉鎖不全症は、弁が閉じにくくなり血液が逆流する病気です。
弁の付け根が広がって弁尖がひらひらと開いたり、閉じたりする部分が届かなくなったり、生まれたときから弁の発達が不十分だったりする先天性のタイプや、感染性心内膜炎が三尖弁に起こって弁に穴が開いたりちぎれたりするタイプがあります。
まず血栓がつまり、肺動脈弁に異常が起き、三尖弁に異常が起きて末端の肺動脈が狭くなります。
詳細はこちら

冠動脈狭窄症

冠動脈に徐々に沈着したコレステロール(脂肪)などが血管の内腔を狭める状態です。狭窄が進行し、血管に流れる血液量が減少して、十分な酸素や栄養素を心筋に供給できなくなると、胸痛や胸部圧迫感を招きます。これが一般的な狭心症の症状です。
詳細はこちら

心筋梗塞

心筋梗塞【しんきんこうそく】は、心臓を動かす心筋に血液が届かなくなって、激しい胸の痛みなどに襲われる病気です。類似した病気の狭心症【きょうしんしょう】と合わせ、虚血性心臓疾患と呼ばれます。「虚血性」とは「血液が足りない」という意味です。
虚血性心臓疾患は、欧米に比べると患者数が少ないのですが、高齢者人口が増えるにつれ患者数が増えており、いまや、がん・脳卒中と並ぶ日本人の三代死因の一つになりました。急性心筋梗塞に限ると、年間約15万人が発症し、そのうちの約30%が亡くなっていると言われています。発症したら一刻を争う事態となるので、迷わず救急車を呼びましょう。
詳細はこちら

心不全

心不全とは、心臓のポンプ機能がちゃんと働かなくなった状態です。充分な量の血液を全身に送れなくなり、また、肺や肝臓などに血液が滞って、呼吸困難やむくみ、動悸、疲労感など、さまざまな症状が引き起こされます。
心不全は個別の疾患名ではなく、さまざまな原因疾患が引き起こす心臓機能弱化の症候群のことを言います。心不全は、心臓病で死亡する際の最も多い原因となっています。超高齢化社会を迎える日本では、今後、心不全の患者さんが増加すると予想されます。
詳細はこちら

心房中隔欠損症

心房中隔欠損症は、左心房と右心房の間(心房中隔)の壁に孔が開いている状態です。先天性心疾患による病気のひとつですが、新生児の時に初期段階で見逃され大人になるまで気づかずに過ごすこともあります。
詳細はこちら

大動脈瘤

大動脈瘤とは、大動脈の血管壁の一部が正常な径の1.5~2倍以上に拡張し、コブ状に膨れ上がった状態です。
大動脈は、酸素の豊富な血液(動脈血)を心臓から受け取って全身に運ぶ、体の中で最も太い血管です。大動脈瘤はその大動脈の場所から胸部大動脈瘤と腹部大動脈瘤に分けられます。
大動脈瘤を治療せず放置していると、破裂します。大動脈瘤が自然に小さくなるようなことはありません。
破裂すると、多くは急速に死に至ります。
詳細はこちら

心房細動

左右の心房は通常、洞結節と呼ばれる部位が発信する電気信号が心房壁に伝わることによって規則的に収縮、拡張し、下流にある左右の心室(全身、両肺に血液を送る部屋)に血液を送り出しています。心房やその周囲(肺静脈の付根が多い)に異常興奮する病変が出現し、洞結節の機能が抑制され、心房が1分間に350~600回、不規則かつ小刻みに痙攣する病気が心房細動です。心房細動はまれではない不整脈で、日本における患者数は約130万人、潜在的な患者数は200万人に上ると考えられています。高齢化により患者数は増加しています。女性よりも男性のほうが、約1.5倍発症しやすいという報告もあります。
詳細はこちら

高血圧症

高血圧症は、血圧が高すぎる状態を続ける病気です。血圧とは、心臓から送り出された血液が動脈の血管壁の内側を押す力です。
高血圧症をそのままにしていると、心筋梗塞や脳卒中、腎臓病といった重大な病気を招きます。しかし、高血圧という状態だけでは自覚症状に乏しく、一般に、病気であると認識することがなかなかできません。
高血圧症が「サイレント・キラー(沈黙の殺し屋)」と呼ばれるゆえんです。ただし、ほとんどの高血圧症は、生活習慣を見直すことで改善できます。
詳細はこちら

大動脈解離

大動脈解離とは、大動脈の血管壁が裂け、血液の通り道が、本来のものとは別にもうひとつできた状態です。その結果、胸や背中に激痛が走り、大動脈が破裂したり、多くの臓器に障害をもたらしたりする重大な合併症を引き起こします。放置すると命にかかわります。
詳細はこちら

手術について

心拍動下冠動脈バイパス術(OPCAB:off-pump coronary artery bypass surgery)

冠動脈バイパス術(coronary artery bypass grafting:CABG)は、全例を心拍動下冠動脈バイパス術(Off Pump CABG:OPCAB)で行っております。

また、積極的に低侵襲手術へ取り組み、本邦初の3D内視鏡システムを使用した完全内視鏡下冠動脈バイパス術(Beating Totally Endoscopic CABG:BeTEC)、外科手術用ロボットda Vinci surgical systemを用いた傷口の小さな冠動脈バイパス術も多数施行しております。

さらに 2003年から硬膜外麻酔を使用した、全身麻酔を行わない覚醒下冠動脈バイパス術(Awake OPCAB:AOCAB)を臨床報告してきました。

弁膜症手術

弁膜症手術では、僧帽弁逆流症に対しては可能な限り、自己弁の機能を温存できる、僧帽弁形成術を行っています。僧帽弁単独の病変であれば、約6㎝の右肋間小開胸で行うMICS手術(Minimally invasive cardiac surgery)や、2008年からは手術用ロボットda Vinci surgical systemを用いた弁形成術も導入し、安全で、手術創の小さな、患者さんにやさしい手術が行えるようになってきています。

また大動脈弁手術では、従来の人工弁(機械弁もしくは生体弁)置換術に変わり、自己心膜を使用した弁置換術を導入しています。本術式は生体内に人工物が入らないため、ワーファリンなどの抗凝固剤を内服する必要がなく、さらに既存の生体弁に比べ本来の動脈弁に近い血行動態が得られる利点があります。

ドクター紹介

渡邊 剛

渡邊 剛


渡邊 剛オフィシャルWebサイトバナー

“The Best Doctors in Japan 2020-2021”に選出されました。

The Best Doctors in Japan

“Best Doctors”とは、ベストドクターズ社が、膨大な数の医師に対して「もし、あなたやあなたのご家族が、あなたの専門分野の病気にかかった場合、どの医師に治療をお願いしますか?」とアンケートを行い、その中で治療能力、研究成果、最新医学情報への精通度などを考慮した上で、ある一定以上の評価を得た医師を名医(Best Doctors)と認定しているものです。

ベストドクターズ社公式サイト

    経歴

  • 1984年 金沢大学医学部卒業
  • 1989年 医学博士号取得
  • 1989年 ドイツ・ハノーファー医科大学心臓血管外科 留学
  • 1992年 金沢大学医学部附属病院 医員
  • 1992年 富山医科薬科大学医学部 助手
  • 1995年 富山医科薬科大学医学部 講師
  • 2000年 富山医科薬科大学医学部 助教授
  • 2000年 金沢大学医学部外科学第一講座 主任教授
  • 2003年 東京医科大学外科学第二講座 客員教授
  • 2005年 東京医科大学心臓外科 教授(~2011年兼任)
  • 2011年 国際医療福祉大学 客員教授
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 総長

    資格

  • 日本ロボット外科学会 理事長 Robo-Doc Pilot (International B)
  • 日本外科学会指導医
  • 日本胸部外科学会認定医・指導医
  • 日本循環器学会専門医
  • 日本冠動脈外科学会評議員
  • 日本循環器学会評議員
  • 日本冠疾患学会評議員
  • North American Society of Pacing and Electrophysiology

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本冠動脈外科学会
  • 日本冠疾患学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • North American Society of Pacing and Electrophysiology

富田 重之

大塚 俊哉


ウルフオオツカ低侵襲心房細動手術センターバナー

    経歴

  • 1986年 東北大学医学部 卒業
  • 1986年  東京大学医学部付属病院 麻酔科・一般外科臨床研修(国保旭中央病院外科医員を含む)
    胸部外科臨床研修(国療東京病院胸部外科医員を含む)など
  • 1996年 医学博士号取得
  • 1996年 米国オハイオ州クライスト病院心臓・胸部外科臨床フェロー
  • 1998年 東京大学医学部心臓外科 助手、医局長、講師
  • 2003年 都立多摩総合医療センター 心臓血管外科部長
  • 2020年  ニューハート・ワタナベ国際病院 副院長 兼 ウルフーオオツカ低侵襲心房細動手術センター センター長

    資格

  • 日本胸部外科学会指導医
  • 日本心臓血管外科学会専門医、修練指導医、評議員
  • 不整脈外科研究会世話人
  • 日本左心耳クラブ 代表
  • MICSサミット監事
  • 日本外科学会 専門医
  • チューリッヒ左心耳マネージメントコース ファカルティ

    所属学会

  • 日本左心耳クラブ
  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • アジア心臓血管外科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本不整脈心電学会
  • 日本不整脈外科学会
  • 日本低侵襲心臓手術学会チューリッヒ左心耳マネジメント学会

富田 重之

富田 重之

    経歴

  • 1992年 金沢大学医学部医学科 卒業
  • 1997年 金沢大学 大学院医学研究科 外科系専攻博士 卒業
  • 2000年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)医員
  • 2002年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)助教
  • 2004年 金沢大学 大学院医学系研究科 講師兼任
  • 2008年 ドイツ Oludenburg Klinikum臨床留学
  • 2010年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)助教復職
  • 2011年 金沢大学 心肺・総合外科(旧第一外科)臨床准教授
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 副院長兼心臓外科部長

    資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本外科学会指導医
  • 日本心臓血管外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科学会 修練施設指導医
  • 日本胸部外科指導医
  • 日本循環器学会専門医

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本冠動脈外科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本冠疾患学会
  • 日本不整脈学会

木内 竜太

木内 竜太

    経歴

  • 2002年 金沢大学医学部卒業
  • 2007年 富山赤十字病院 心臓血管呼吸器外科
  • 2010年 金沢大学心肺・総合外科 医員
  • 2012年 金沢大学心肺・総合外科 助教
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院
  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 心臓血管外科副部長

    資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本外科学会外科指導医
  • 心臓血管外科専門医
  • 心臓血管外科学会 修練施設指導医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
  • 大動脈ステントグラフト機種別指導医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本血管外科学会認定血管内治療医

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本脈管学会

捶井 達也

捶井 達也

    経歴

  • 2009年 金沢大学医学部卒業
  • 2011年 富山赤十字病院 心臓血管・呼吸器外科
  • 2012年 高邦会高木病院 心臓血管・呼吸器外科
  • 2013年 金沢大学 心肺・総合外科 医員
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院
  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 心臓血管外科医長

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本血管外科学会

瀬口 龍太

瀬口 龍太

    経歴

  • 2009年 金沢大学医学部卒業
  • 2011年 金沢有松病院外科
  • 2012年 金沢大学 心肺総合外科
  • 2013年 国際医療福祉大学三田病院 心臓外科
  • 2014年 高邦会高木病院 心臓血管外科
  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 心臓血管外科

    資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会認定外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
  • 腹部大動脈ステントグラフト指導医
  • 胸部大動脈ステントグラフト実施医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本冠動脈外科学会

堀川 貴史

堀川 貴史

    経歴

  • 2014年 千葉大学医学部卒業

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓外科学会
  • 日本血管外科学会