心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

Language 各種お問い合わせ

Language
MENU

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会 ニューハート・ワタナベ国際病院

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

来院・入院の方

病気・手術

診療科紹介

当院紹介

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

冠攣縮性狭心症の
症状・原因・治療方法について

冠攣縮性狭心症とは

冠攣縮性狭心症とは、名前に含まれている通り、狭心症の一種です。
心臓の血管、冠動脈が痙攣性の収縮をし、内腔が狭くなったり、完全に詰まることを冠攣縮性狭心症と言います。
ここでは、冠攣縮性狭心症の症状・原因・治療方法について簡単にご紹介いたします。

症状・原因

就寝中、特に明け方に生じる安静時胸痛が特徴です。
「冠攣縮」とは、冠動脈の痙攣で、それにより生じるのが冠攣縮性狭心症です。
冠攣縮性狭心症の発症は、冠動脈が過剰に収縮を起こすことが原因で引き起こされます。胸が締め付けられる、胸の中が焼け付くような症状が表れます。

検査

確定診断には冠動脈造影を施行、冠動脈の痙攣誘発試験を行います。

治療(手術)法・入院期間・術後

硝酸薬やカルシウム拮抗薬などのお薬によって、冠攣縮を予防する治療を行います。

予防・食事

特に制限はありませんが、服薬は忘れず確実にしなければなりません。自己中断は危険です。
また、冠攣縮性狭心症は喫煙、飲酒、脂質異常、糖代謝異常、ストレス、などが関係している可能性があるため、禁煙、禁酒、ストレスの回避などをし、予防することも重要です。

ニューハート・ワタナベ
国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、
身体に優しい小切開手術や手術支援ロボット、ダビンチを用いた超精密鍵穴(キーホール)心臓手術などを提供しています。
診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。

病気でお悩みの方は
お気軽にご相談ください。

無料メール相談

循環器内科についてはこちら

一覧に戻る