メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心不全[シンフゼン]

心不全とは

血液を身体中に循環させるためには、心臓が力強く動かません。心臓は血液を送るポンプとしての役割を持っているのですが、それと共に血液を受け取るためにも必要な臓器と言えます。
心臓の中に血液が十分に入っていなければ、身体中に血液を送る事はできません。心不全はこの心臓の動きが十分では無い状態のことを指しています。

心不全の症状・原因

血液を送り出す能力が低くなると疲労感や気だるさを感じたり、動悸が起こる場合もあります。
さらに心臓から血液を送り出すことが難しくなる事によって、血液を受ける側ではうっ血などが起きるのも特徴と言えるでしょう。肺の場合は息苦しさやむくみ等もありますし、肝臓にうっ血が起きたら食事をした時にお腹が張ったりする、あるいは痛み等の症状が出て来ます。
このような症状はその程度によっても異なります。心不全の原因は多種多様です。例えば遺伝先天性や、仕事等で過労状態になったり、ストレスなどによって大きな負担を抱えている場合でも起きやすくなります。
アルコールの飲み過ぎ、暴飲暴食、高血圧や感染症等も原因の1つとなっています。そこに気管支の炎症、喘息発作を引き起こすような憎悪因子も加わったた結果、症状が現れて来るのです。

心不全の検査

心不全の検査と診断ですが、まずは血液検査を行います。これは心不全を持っている方に共通するホルモンが血液の中にあるかどうかをチェックします。
これはBNPという物質で、心臓に負担がかかると分泌されるホルモンです。胸部X線は心臓のサイズや形などを診断してうっ血や胸水が無いか確認します。その他心電図や心臓エコー、心臓カテーテル検査等も行います。

心不全の治療法・入院期間・術後

点滴と水分摂取制限などで対応します。アンジオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、利尿剤も併用します。
徐脈でなければベータ遮断薬も有効です。
難治性の心不全で心臓収縮の時機にばらつきがある方(左脚ブロック)に対してはCRT(心臓再同期療法)が適応となります。

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらから

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る