メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

洞不全症候群[ドウフゼンショウコウグン]

洞不全症候群とは

洞結節の細胞自体やその周辺に存在する心房筋の障害によって、心拍数が減少し徐脈や心停止をおこす場合があり、洞不全症候群(SSS)と呼びます。

洞不全症候群の症状・原因

徐脈または心停止に伴う脳虚血症状(失神、めまい、目の前が暗くなる、一瞬気が遠くなるなど)や運動時の息切れや疲労感、心不全の悪化による呼吸困難として現れる場合があります。

洞不全症候群の検査

12誘導心電図、イベントモニター、ホルター心電図、心臓電気生理学的検査。

洞不全症候群の治療法・入院期間・術後

徐脈または心停止による脳虚血発作が明らかである場合や徐脈頻脈症候群と診断された場合はペースメーカー治療の適応となります。
その後は定期的に外来でペースメーカーのチェックをします。

洞不全症候群の予防・食事

過度な運動を控え、睡眠不足やストレスを避けるように心がけて下さい。
症状が出たらすぐに受診して下さい。

循環器系の疾患や治療等でお悩みでしたらお気軽にお問合わせください。

無料ネット外来®

循環器内科についてはこちら

一覧に戻る