メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

うっ血性心不全[ウッケツセイシンフゼン]

うっ血性心不全とは

うっ血性心不全とは、心臓のポンプ機能が不十分なために全身に血液を送り出すことができず、血液がうっ滞している状態です。

うっ血性心不全の症状・原因

うっ血による体液量の増加、尿量の減少によって体重が急激に増加し、下肢に浮腫が生じます。また、肺水腫となるため呼吸困難を起こし、就寝時に息苦しくなる夜間発作性呼吸困難や、上半身を起こすと呼吸しやすくなる起座呼吸といった特徴的な症状を伴います。
原因には狭心症や心筋梗塞に起因する虚血性心疾患、高血圧性心疾患、心臓弁膜症、心筋症、先天性心疾患などがあります。

うっ血性心不全の検査

採血(BNP)、胸部レントゲン、心電図、心エコー検査を行いますが、詳細な原因解明には心臓カテーテル検査が必要です。

うっ血性心不全の治療法・入院期間・術後

アンジオテンシン変換酵素阻害薬やアンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、利尿剤も併用します。
徐脈でなければベータ遮断薬も有効です。
難治性の心不全で心臓収縮の時機にばらつきがある方(左脚ブロック)に対してはCRT(心臓再同期療法)が適応となります。

うっ血性心不全の予防・食事

うっ血性心不全では塩分制限が最も重要で水分制限も必要です。
大量飲酒も避けなければなりません。

患者さんの声

一覧に戻る