メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

僧帽弁閉鎖不全症[ソウボウベンヘイサフゼンショウ]

僧帽弁閉鎖不全症とは

僧帽弁閉鎖不全症は、大動脈弁狭窄症などと併せて「心臓弁膜症」と呼ばれる病気のひとつです。
心臓は全身に血液を循環させるポンプの働きをしていますが、心臓の中には4つの弁があり、このうち左心房から左心室への入り口にある僧帽弁がきちんと閉じず、血液が漏れる病気が僧帽弁閉鎖不全症です。
僧帽弁閉鎖不全症は初期には症状が現れにくいため、無症状のまま健康診断や他の病気で受診した際に見つかることも少なくありません。胸痛が出てから「狭心症」ではないかと疑って受診する人もいます。

僧帽弁閉鎖不全症の症状・原因

僧帽弁閉鎖不全症が起こると全身に十分な血液を送ろうとして心臓の拍動が増え、左心室と左心房の壁の筋肉が伸びて心臓が徐々に拡大していきます。
そのため、「息切れ」「咳」「呼吸困難」などの症状が現れます。しかし初期段階ではこれらの症状があまり出ないため、他の心臓の病気だと思って受診した際に見つかることが多いです。
僧帽弁閉鎖不全症は症状が現れる前から、聴診を受けると心臓の雑音が聞こえるというのも特徴のひとつと言えます。

僧帽弁閉鎖不全症の検査

聴診で雑音があり、僧帽弁閉鎖不全症と診断されるケースが多々あります。心臓エコー検査で詳しく調べると、どの弁にどの程度異常があるかが分かります。
胸部エックス線や心電図検査も併せて行われます。また僧帽弁は胸の奥の方にあるので、通常のエコーでは見えにくい場合は経食道エコー(食道から撮るエコー)を行うこともあります。

僧帽弁閉鎖不全症の治療法・入院期間・術後

病変の位置や形状から、リウマチ性でない場合には弁形成術で治したほうが良いでしょう。
最近の傾向として、まず弁形成術が可能かどうかを検討する傾向にあります。弁形成の技術は外科医によりおおきな技術の開きがあるので症例数も多く、成績の良い施設で受けましょう。しかし、症状が進行していたり、病変の形状が弁形成術でが困難な場合は弁置換術が選択されます。当院では胸骨を切らずに小切開で肋骨の間からアプローチする弁形成術・弁置換術を行なっています。

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらから

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る