メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

冠動脈狭窄症とは?症状・原因・治療・手術方法

冠動脈狭窄症[カンドウミャクキョウサクショウ]

冠動脈狭窄症とは

冠動脈に徐々に沈着したコレステロール(脂肪)などが血管の内腔を狭める状態です。

冠動脈狭窄症の症状・原因

狭窄が進行し、血管に流れる血液量が減少して、十分な酸素や栄養素を心筋に供給できなくなると、胸痛や胸部圧迫感を招きます。
これが一般的な狭心症の症状です。

冠動脈狭窄症の検査

かつては運動負荷心電図等の検査が施行されておりましたが、現在では冠動脈CTもしくはMRIが多く施行されております。
確定診断のためには心臓カテーテル検査が必要です。

冠動脈狭窄症の治療(手術)方法

冠動脈狭窄の程度によって、
1)薬物治療、
2)ステント治療 
3)冠動脈バイパス術
を選択致します。

冠動脈狭窄症の予防・食事

動脈硬化危険因子の是正が必要です。
高血圧、糖尿病、脂質異常症の治療は勿論のこと、禁煙、肥満予防が必要です。 

ニューハート・ワタナベ国際病院の紹介

心臓血管外科・循環器内科を中心とした高度専門治療を行う「ニューハート・ワタナベ国際病院」では、
身体に優しい小切開手術やロボット支援手術などの最新かつ高品質な医療を提供しています。
診察から手術を通して痛みや負担から患者さんを解放することを目標にし、日々工夫しています。

病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る