メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

心臓弁膜症[シンゾウベンマクショウ]

心臓弁膜症とは

心臓弁膜症は、心臓の弁が何らかの原因によって機能が低下する病気の総称です。
弁の閉じ方が不完全になる”閉鎖不全症”、石灰化などにより弁が固くなり、血流が妨げられる”狭窄症”があります。具体的には大動脈弁、僧帽弁、三尖弁など具体的な病名がついています。(各病名の説明もご参照下さい。)

心臓弁膜症の症状・原因

心臓弁膜症の主な原因は、動脈壁をもろくするアテローム動脈硬化です。まれな原因には外傷、大動脈炎(大動脈が炎症を起こす疾患)、マルファン症候群のような遺伝性結合組織障害、梅毒などの感染症があります。
マルファン症候群による心臓弁膜症は、心臓に最も近い上行大動脈に最も多く発生します。高齢者の心臓弁膜症は、ほとんどがアテローム動脈硬化によるものです。高齢者に多い高血圧と喫煙は動脈瘤のリスクを増大させます。
心臓弁膜症は、形態による分類では、真性、仮性、解離性の3つに区別され、形状による分類では、紡錘状、嚢状の2つに区別されます。

心臓弁膜症の検査

心臓弁膜症がどの程度すすんでいるかは、X線撮影や心電図、心エコー(超音波検査)などを行って判断します。また、合併症(心房細動、心不全、動脈硬化)も調べます。また採血で心不全を表す数値BNPが高くなっていないかも判断基準のひとつです。

心臓弁膜症の治療法・入院期間・術後

状態が軽い場合は、安静、食事制限、投薬による心不全の治療などを行いますが、根本的な治療ではありません。定期的に経過観察が必要です。
重症の場合、弁を修復する弁形成術か、弁を交換する人工弁置換術が必要です。心不全症状が出ないうちに手術をしたほうが体への負担も少なくなります。
当院では僧帽弁または三尖弁であれば保険の効く小切開(MICS)または、保険が効かない内視鏡によるdaVinc手術が可能です。
大動脈弁の場合はdaVinciを使いませんので、必然的に保険が効く手術になります。

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらから

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る