メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

大動脈弁閉鎖不全症[ダイドウミャクベンヘイサフゼンショウ]

大動脈弁閉鎖不全症とは

心臓から大動脈に血液が押し出される際に開閉する大動脈弁がうまく機能しなくなることで、血液が心臓に逆流する病気です。
大動脈弁は左心室と大動脈を繋ぐ心臓の出口にあたる部分にあり、血液が流れだす時に開き、それ以外の時は閉じていることで心臓に血液が逆流してくるのを防ぐはたらきを担っています。
このはたらきが正常に行われず血液が逆流すると、循環器や呼吸器に大きな負担をかけてしまうことになります。

大動脈弁閉鎖不全症の症状・原因

大動脈弁閉鎖不全症になると、血液の逆流により心臓に負荷がかかるため心臓が弱り、全身に十分な血液を送ることができなくなります。
ちょっとした運動でも激しい動機や息切れが起こったり咳が止まらなくなることがあります。さらに症状が悪化すると安静時や睡眠時にも動機や息苦しさを感じるようになります。
多くの場合は初期症状に気づかないため左心室が拡大したり、肺に水が溜まってしまうという症状があらわれて初めて気づくケースが多くあります。
原因として病気や先天的な理由により大動脈弁そのものが壊れたり、形が正常でなかったりするケース、また同様の理由により大動脈が拡大したり炎症を起こしたり破れてたりするケースです。
どちらも加齢や高血圧、糖尿病、動脈硬化など、生活習慣が原因である病気から起こる場合と、リウマチ熱や大動脈解離などの症状として起こる場合があります。

大動脈弁閉鎖不全症の検査

大動脈弁閉鎖不全症の診断方法は、聴診によって心雑音(血液の逆流音)がないか調べたり、エコー検査で、胸部レントゲンで心肥大がないか、また心電図で不整脈が起こっていないかを調べます。
心臓カテーテル検査をすることもあります。

大動脈弁閉鎖不全症の治療法・入院期間・術後

大動脈弁閉鎖不全症の治療法は進行の度合いによって異なり、軽度~中程度のものであれば薬によって血圧を下げることで血液の逆流量を減らし、病気の進行を最大限抑えるという手段があります。重症や他の合併症がみられる場合は壊れてしまった弁を人工弁に取り換えたり、縫合して形を整える形成術が行われます。軽度であっても、症状を完全に治すという薬はないため、あくまで進行を抑える治療が主となります。
当院では弁を交換する場合、小切開(MICS)の手術で胸骨を切らない方法を行なっています。

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらから

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る