メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

病気検索

大動脈瘤[ダイドウミャクリュウ]

大動脈瘤とは

大動脈の動脈壁の弱くなった部分がふくらむタイプの大動脈瘤と、動脈壁の膜がはがれる解離性大動脈瘤があります。
動脈瘤を治療しないで放置すると破裂する可能性があり、大きな破裂が生じると突然死の可能性もあります。大動脈の場所を問わず動脈瘤は起こり得ますが、大動脈瘤の4分の3は腹部大動脈に、残りは胸部大動脈に発生します。
動脈瘤は丸い嚢状の場合も、チューブのような紡錘状の場合もありますが多くは紡錘状です。

大動脈瘤の症状・原因

大動脈瘤の主な原因は、動脈壁をもろくするアテローム動脈硬化です。まれな原因には外傷、大動脈炎(大動脈が炎症を起こす疾患)、マルファン症候群のような遺伝性結合組織障害、梅毒などの感染症があります。
マルファン症候群による大動脈瘤は、心臓に最も近い上行大動脈に最も多く発生します。高齢者の大動脈瘤は、ほとんどがアテローム動脈硬化によるものです。高齢者に多い高血圧と喫煙は動脈瘤のリスクを増大させます。
大動脈瘤は、形態による分類では、真性、仮性、解離性の3つに区別され、形状による分類では、紡錘状、嚢状の2つに区別されます。

大動脈瘤の検査

CT検査、MRI検査、超音波エコー検査などを行い、瘤の形態や大きさ、部位などを正確に調べます。小さな動脈瘤の場合は手術の対象にはなりませんが、定期的にCT検査で経過観察し、大きくなってくるようなら手術が必要となります。
胸部大動脈瘤は症状が現れない場合もありますが、痛み、せき、喘鳴、嚥下障害、嗄声がみられる場合もあります。
胸部大動脈瘤が破裂すると、非常に激しい痛みが背中の上部に起こり、次いで下部や腹部へと広がります。

大動脈瘤の治療法・入院期間・術後

【ステントグラフト内挿術】
1990年代初頭より欧米を中心に臨床応用されるようになったのがステントグラフト内挿術です。動脈瘤の前後の正常のふとさの血管にステントグラフトを固定し、動脈瘤の破裂を予防する仕組みです。
ステントグラフト内挿術(鼠径部の小さな切開創から大動脈へ折りたたみ式のグラフトを挿入する方法)では5日程度です。おもに下行大動脈瘤に適応があります。

【人工血管置換術】
大動脈瘤を切除して人工血管を縫い付ける手術で、開胸した後、体外循環という機械を用いて下半身や臓器の血流を維持しながら行います。
動脈瘤が頭の血管や脊髄の血管、内臓の血管などにかかっているときには、それらの血管も人工血管につないで再建します。現在でも胸部大動脈瘤の手術はもっとも危険な手術のひとつで、全国統計では緊急手術の場合の成功率は60~80%、それ以外の待機手術であっても90−95%程度です。
一般的に、手術の際は患者さんの体を20℃の超低体温の状態にしますが、この方法では脳梗塞や感染症、肺炎などのリスクが高まり、出血も止まらず1日がかりで死亡率も高い状態でした。最近では体温を15年前から20度に冷やすのを止めて、 32℃の軽度低体温で手術を行う方法で行っている施設があります。
手術死亡や脳合併症を劇的に減らすことが出来ますが時間を短くしないと出来ないので高度な手術が必要です。早い施設は4時間程度ですべての手術が終わります。
また、輸血なしで手術を行うことも可能であるため、大量輸血の副作用を防ぎます。

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらから

無料ネット外来®

心臓外科についてはこちら

一覧に戻る