メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

成功率99.8%
チームワタナベの手術

ステントグラフト内挿術

大動脈瘤に対するステントグラフト治療

人工血管置換術からステントグラフト内挿術へ

大動脈瘤は、お薬で治療することができない病気です。根本的な治療は手術しかないということになるわけですが、最近新しい治療が開発されました。それがステントグラフト治療(内挿術)です。

ステントグラフト内挿術は、ご年齢の高い患者さんなど、いわゆる体力のない方に対して行われ始めた治療法です。人工血管置換術が、ちょうど「痛んだ水道管を取り換える」というコンセプトなのに対し、ステントグラフト内挿術は、「痛んだ水道管を内側から補強する」といったイメージになります。
この治療法が先行している欧米では、腹部大動脈瘤・胸部大動脈瘤に対し、そのほとんどにステントグラフト内挿術を選択している病院もでてきました。また、臨床成績は従来の人工血管置換術を上回るという報告も数多く発表されるようになってきました。

私自身は1998年に初めてステントグラフト内挿術を経験しました。留学から帰国した2001年より本格的にこの治療に取り組んできています。「大動脈疾患のステントグラフトによる治療体系の確立に関する研究」(厚生省平成13年度循環器病委託研究事業)に渡邊剛総長とともに参加し、平成14年(2002年)からのステントグラフト内挿術の保険適応に尽力しました。

はじめの数年間は、M-Kステントグラフト(いわゆるhome-madeデバイス、金沢大学病院のみで使用が承認されたもの)を使用しました。2006年以降、厚生労働省認可のデバイスが使用できるようになってからは、次第に患者さんの数が増え、現在までに約850人の治療をてがけました。

対応する疾患

胸部大動脈領域
  • 動脈硬化性動脈瘤
  • 大動脈解離や破裂
腹部大動脈領域
  • 動脈硬化性動脈瘤、炎症性、破裂など

ステントグラフトの構造

ステントグラフトは「ステント」と言われる骨格と、この骨格をカバーする「グラフト」から構成されています。すでに、さまざまなステントグラフトが開発され臨床応用されています。2014年現在、厚生労働省に認可されているステントグラフトは9種類あり、私はすべてのステントグラフトから選択しています。今後、益々すばらしいステントグラフトが開発されると思います。

手術の流れ

手術前

手術の前には、造影剤を使ってCT検査を行い、CT画像から最も適したステントグラフトの種類とサイズを選んでおきます。

手術中

  1. 手術は一般的には全身麻酔で行います。多くの場合、足のつけねの動脈からステントグラフトを動脈瘤まで運んでゆきます。折りたたまれたステントグラフトは細く小さいのですが、硬いという欠点があります。X線(レントゲン)で、身体の中を透視しながら、慎重に胸やお腹の大動脈瘤にまで運んでゆかなくてはなりません。
  2. 予定された位置で、ステントグラフトを広げます。動脈瘤の大きさや形によっては2つないし3つのステントグラフトをつなげてゆくこともあります。

また、同時手術を行うことにより、ステントグラフトで治療できる動脈瘤の患者さんも多くなってきました。

治療成績と合併症

損傷・動脈解離・臓器虚血・血栓塞栓症など)の発生率は腹部大動脈瘤ではきわめて低く、胸部大動脈瘤では3-4%です。人工血管置換術と比べるとたいへん低いと思います。中期・長期成績では、動脈瘤の血栓化・縮小や瘤関連の合併症がないことが成功の基準となりますが、 5-6年の追跡では、大きな問題なく経過しています。

手術中や術直後の合併症は、重篤なものは少ないのですが、発熱、胸水貯溜などは比較的高率に生じます。また、退院後は、ステントグラフトの変形・破損・移動・感染などに注意が必要です。これらを防ぐために、きちんと外来通院をしていただくよう、お願いしています。
最後になりますが、この治療がはじまってから15年が経過しています。人工血管置換術との本当の意味の比較にはもう10年の年月が必要かもしれません。

よくある質問

Q1どんな動脈瘤にもステントグラフト治療はできるのでしょうか?

すべてというわけではありませんが、その適応は拡大しています。

Q2ステントグラフト治療の前には、どのような検査が必要ですか?

造影剤を使ったCT検査は必ず必要です。一般的な検査に加え、動脈瘤の原因が動脈硬化や高血圧ということを考えますと、脳(及び頸)の動脈・心臓・下肢(足)の動脈など、全身の動脈を調べておくことは重要です。

Q3ステントグラフト治療は保険適応なのでしょうか?

保険適応となっている治療法です。

Q4ステントグラフト治療後の入院期間はどのくらいでしょうか?

通常の治療後で、順調な経過であれば10-14日で退院が可能です。
退院後は、普通の日常生活が送れます。

Q5退院後はどのような通院が必要ですか?

退院1ヶ月後、3ヶ月後、以降は半年から1年ごとの通院・検査がのぞましいと考えています。

お問い合わせ

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらからお問い合わせ下さい。

ニューハート・ワタナベ国際病院
TEL: 03-3311-1119
FAX:03-3311-3119