メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

成功率99.8%
チームワタナベの手術

心房中隔欠損症の治療・手術

成功率99.8%の手術

胸骨を切らない手術も可能直接閉鎖法・パッチ閉鎖法

  • 手術後の退院までの日数:3~10日間
  • 保険適応(ダ・ヴィンチ手術は適応外)

確実に欠損孔を封鎖 心房中隔欠損症の手術

心房中隔欠損症の手術は、心房の仕切りにある欠損孔を閉鎖するだけの単純なもので、右心房を切開し、欠損孔を直接閉鎖、あるいはパッチで閉鎖します。穴の大きさ、位置などにかかわらず、確実に閉鎖が可能です。
他病院の従来の手術は、胸の真ん中を20~25㎝切開して行いますが、チーム・ワタナベでは成人の心房中隔欠損症の手術に対しては、手術支援ロボット「ダヴィンチ」を駆使し、数個の小さな穴を開けて内視鏡だけで手術を行う低侵襲手術を実施しています。

ダ・ヴィンチでのロボット手術

ロボット手術または小切開手術が第一選択です。

小切開手術のメリット

  • 小さい出血量が少ない、痛みが少ない、傷が小さい
  • 早い手術が早く終わる
  • 戻れる手術後早くもとの生活に戻れる
  • 残らない傷が胸の真ん中に残らない

チームワタナベの心房中隔欠損症手術成績

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」での心房中隔欠損症手術
成功率100%

お問い合わせ

狭心症や弁膜症、心房中隔欠損症、動脈瘤など心臓の病気でお悩みの方はこちらからお問い合わせ下さい。

ニューハート・ワタナベ国際病院
TEL: 03-3311-1119
FAX:03-3311-3119