メニュー
ニューハート・ワタナベ国際病院

診療科・部門紹介

内分泌外科・呼吸器外科

内分泌外科の特徴

甲状腺疾患、副甲状腺疾患を中心に内分泌腫瘍を扱います。

甲状腺疾患は甲状腺癌、バセドウ氏病、良性甲状腺腫瘍など、副甲状腺疾患は副甲状腺機能亢進症、副甲状腺腫瘍などです。

日本で唯一、甲状腺に対するロボット手術を行っています。

首に傷が全く残らない、整容性に優れた手術が可能です。

従来の通常手術においても、手術の質を保ちながら体に優しい小さな傷で行っています。

ヘルニアに対しても内視鏡手術を第一選択とし、低侵襲治療を目指します。

女性の身体に優しいロボット甲状腺手術

甲状腺がんなどの甲状腺疾患はもともと女性に多い疾患であることから、手術でできる首の傷を極力最小にする方法や他の部位から患部にアプローチする手術方法の開発が行われてきました。

ロボット手術では「傷を小さく」「首ではなくわきの下から患部にアプローチ」することで、患者さんの身体、特に女性の方への負担を大きく減らすことができます。

甲状腺がんロボット手術のご紹介

術式名:腋窩アプローチによるロボット支援下甲状腺切除術

患者さんの脇の下に数センチ皮膚切開をし、皮下を剥離して甲状腺に到達します。
そのあとda Vinci Surgical System(Intuitive Surgical社、米国)を導入しロボット支援下に甲状腺切除を行います。

通常の甲状腺手術と異なり、首には傷はなく、脇の下のみに傷があることになります。
脇の下の傷は手を下してしまえば外からは判らず、プールなどでもほとんど気づかれない傷になります。

これまでの手術と甲状腺がんロボット手術

これまでの手術

これまでの甲状腺切除術は首の前部を5~10㎝横に切開し、さらに甲状腺を露出するために皮下を大きく剥離する必要があります。 現在、外科手術は全般的に患者さんの負担を少なくする方向へ進んでおり、内視鏡手術の進歩はすべての領域で目覚ましい発展を遂げ、標準の手術方法として認められてきている領域も少なくありません。

その中で甲状腺手術は内視鏡手術の導入が遅れている領域の一つと言わざるを得ない状況です。

その理由として、甲状腺が体腔内に存在する臓器ではなく、まず手術する部分を作成してから初めて甲状腺切除術が始まること、さらに甲状腺自体が血流に富む臓器であり周囲には頚動静脈・反回神経を代表とする重要な臓器が隣接していることなどが挙げられます。

しかしながら手術支援ロボットを用いることで、これらの問題を克服することができるのです。

甲状腺がんロボット手術

繊細で高度な操作

ロボット手術のメリットは通常の内視鏡手術に比べて、さらに繊細で高度な操作を行えることにあります。コンピュータ制御された多自由度鉗子、高解像度立体画像を提供する映像システム、術野・アームの安定性に代表される手術支援ロボットの機能は内視鏡下での繊細な3次元的剥離、縫合結紮を可能にします。

これまでの問題を克服

内視鏡下甲状腺切除術はその手術する部分の狭さ、限定された鉗子挿入角度、内視鏡鉗子の自由度の不十分さから、甲状腺周囲の剥離、反回神経周囲の繊細な操作、リンパ節の切除(郭清)が十分に行えないという問題を抱えており、特に癌の手術におけるリンパ節の切除(郭清)において十分な根治性が追及できない面がありました。

患者さんの声

ロボット甲状腺手術を受けた患者さんの声はこちら

呼吸器外科の特徴

ニューハート・ワタナベ国際病院呼吸器外科では「世界的視野にたった最高水準で最先端の医療を追求し、それを地域の皆様の診療に活かしていく」ための医療を目指していきたいと思います。私の担当する呼吸器外科においても「痛くない」すなわち「創のない」手術という「夢」の実現にむけて精進していく所存です。

呼吸器外科では呼吸器外科疾患全般(気胸、縦隔腫瘍)を中心に、肺癌(原発性、転移性)を対象に診断から治療まで行っています。

手術・検査について

手術について

通常の甲状腺および副甲状腺切除術

頚部に数cmの皮膚切開をおき、甲状腺や副甲状腺の切除手術を行いすます。

ロボット支援下甲状腺切除術

脇(腋窩)に数cmの皮膚切開をおき甲状腺に到達、切除は脇から挿入したロボット鉗子にて行います。術後の創は脇にしか残らず美容的にも優れたものとなります。

検査について

超音波検査

甲状腺腫瘍などの質的診断の目的に施行します。

超音波ガイド下穿刺細胞診

甲状腺腫瘍の病理診断目的に行います。入院は必要としません。

CT検査

甲状腺腫瘍などの質的診断、病気の広がり(転移など)の診断目的に施行します。

採血検査

甲状腺ホルモン値などの検査目的に施行します。

対応する主な疾患

  • 甲状腺癌
  • 気胸
  • 縦隔腫瘍
  • 肺腫瘍
  • バセドウ氏病
  • 良性甲状腺腫瘍
  • 副甲状腺機能亢進症
  • 副甲状腺腫瘍
  • 鼠径ヘルニア
  • 腹壁瘢痕ヘルニア

手術実績

お問い合わせください。

症例数

お問い合わせください。

ドクター紹介

石川 紀彦

石川 紀彦


    経歴

  • 1993年 金沢大学医学部 卒業
  • 1993年 金沢大学医学部 外科学第一講座入局
         金沢大学医学部附属病院 第一外科
  • 1994年 厚生連高岡病院 外科
  • 1995年 金沢西病院 外科
  • 1996年 金沢大学医学部附属病院 第一外科
  • 1998年 金沢大学大学院修了 医学博士号取得
  • 1998年 横浜栄共済病院 胸部心臓血管外科
  • 1999年 石川県立中央病院 呼吸器外科
  • 2001年 金沢大学医学部附属病院 心肺・総合外科 助手
  • 2003年 石川県立中央病院 呼吸器外科 医長
  • 2004年 Center for Robotics and Minimally Invasive Surgery,
          East Carolina University Research Assistant Professor
  • 2005年 金沢大学大学院医学系研究科 地域医療学講座 特任教授
  • 2007年 KKR北陸病院 胸部外科部長
  • 2008年 金沢大学 心肺・総合外科 講師
          金沢大学附属病院 内分泌・総合外科 科長兼臨床教授
  • 2007年 東京医科大学 心臓外科 兼任准教授
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院 内分泌外科部長
  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 内分泌・呼吸器外科部長

    資格

  • 内分泌外科,消化器外科,胸部外科,ロボット外科,内視鏡外科
  • 日本外科学会指導医、専門医
  • 内分泌・甲状腺外科専門医
  • 呼吸器外科専門医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 日本胸部外科学会認定医
  • 日本呼吸器内視鏡学会専門医
  • 肺がんCT検診認定医師
  • 日本がん治療認定医
  • (外国人医師などに対する)臨床修練指導医
  • (臨床研修)プログラム責任者

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本内視鏡外科学会評議員
  • 日本内分泌外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本呼吸器外科学会
  • 日本心血管外科学会
  • 日本ロボット外科学会 理事