心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

Language 交通のご案内

Language
MENU

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会 ニューハート・ワタナベ国際病院

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

来院・入院の方

病気・手術

診療科紹介

当院紹介

心臓手術なら医療法人社団 東京医心会
ニューハート・ワタナベ国際病院

特徴

大動脈瘤~最も発見されにくい病気の一つ

大動脈瘤という病気

大動脈とは、心臓からおへそのうえまであたりまでの、身体の中で最も太い動脈につけられた名前です。
「新幹線は日本の大動脈です。」といったように使われることが多い「大動脈」ですが、実際に胸部では直径が約3cm、腹部では約2cmもあり、この大動脈の中を血液は轟々と水道の蛇口を全開にした時のように流れています。不思議なことに、日常の生活でこの爆流を感じることはまずありません。

破裂前の病気の発見・治療が大切

この大動脈の一部が本来の直径の150%以上になると、そのふくれた部分を「大動脈瘤」といいます。
大動脈瘤はだんだん大きくなると、破裂しやすくなってきます。 大動脈瘤の原因、形、大きくなるスピードなどから、どの程度になったら破裂しそうなのかは、長い間の研究によって明らかにされています。
破裂したあとに行う治療の成績は大変悪く、破裂前の病気の発見・治療が大切です。

大動脈瘤は最も発見されにくい病気の一つ

病気には発見されやすいものと発見されにくいものがあります。
大動脈瘤は最も発見されにくい病気の一つです。
それは、この病気は自覚症状がほとんどないないからです。
このため、破裂によるショック状態で初めて診断されることも少なくありません。
Silent killer(静かに忍び寄る殺人者)との異名をもつこの病気の頻度は65才以上の2-3%との報告もありますが、破裂による突然死も多く、正確な発生頻度は捉えにくいのが現状です。

大動脈瘤は以前よりは発見されやすくなっている

メタボリックシンドロームの増加に伴い、この病気も増加していると考えられていますが、通常の検診、血液検査、X線検査では確定診断がつけられないことも、この病気の発見を遅らせる原因の一つとなっています。
しかし近年、大動脈瘤への関心が高まり、また人間ドックで積極的に超音波診断装置やCT検査装置による検査が取り入れられたことにより、大動脈瘤が以前よりは発見されやすくなっています。

治療・手術について

低侵襲の新しい治療法を採用
ステントグラフト内挿術

1990年代初頭より欧米を中心に臨床応用されるようになったのがステントグラフト内挿術です。動脈瘤の前後の正常な太さの血管にステントグラフトを固定し、動脈瘤の破裂を予防する仕組みです。

ハイブリットでどこでも可能

我々チーム・ワタナベのステント治療は15年前に開発しました。
胸部大動脈瘤のステント治療の草分けです。

大動脈瘤のステント治療

負担の少ない軽度低体温手術を開発
人工血管置換術

大動脈瘤を切除して人工血管を縫い付ける手術で、開胸した後、体外循環という機械を用いて下半身や臓器の血流を維持しながら行います。動脈瘤が頭の血管や脊髄の血管、内臓の血管などにかかっているときには、それらの血管も人工血管につないで再建します。

頭を使いより安全な手術へ

大動脈瘤の手術は今でももっとも大きな手術です。他病院では一般的に、手術の際は患者さんの体を20℃の超低体温の状態にしますが、この方法では脳梗塞や感染症、肺炎などのリスクが高まり、出血も止まらず1日がかりで死亡率も高い状態でした。

このためチーム・ワタナベでは、 15年前から20度に冷やすのを止めて、 32℃の軽度低体温で手術を行う方法を開発しました。現在ほとんどの大動脈の手術をこの方法で行っており、これまで手術死亡や脳合併症はありません。
また、縫合方法も出血しない方法を採用したことで、4時間程度ですべての手術が終わります。
また、輸血なしで手術を行うことも可能であるため、大量輸血の副作用を防ぎます。
これらは国内ではチーム・ワタナベだけが手がけることができる高度な技術だと自負しています。

大動脈瘤に対する人工血管置換術

ドクター紹介

木内 竜太

木内 竜太

    経歴

  • 2002年 金沢大学医学部卒業
  • 2007年 富山赤十字病院 心臓血管呼吸器外科
  • 2010年 金沢大学心肺・総合外科 医員
  • 2012年 金沢大学心肺・総合外科 助教
  • 2014年 ニューハート・ワタナベ国際病院
  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 心臓血管外科副部長

    資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会外科専門医
  • 日本外科学会外科指導医
  • 心臓血管外科専門医
  • 心臓血管外科学会 修練施設指導医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
  • 大動脈ステントグラフト機種別指導医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本血管外科学会認定血管内治療医

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本脈管学会

瀬口 龍太

瀬口 龍太

    経歴

  • 2009年 金沢大学医学部卒業
  • 2011年 金沢有松病院外科
  • 2012年 金沢大学 心肺総合外科
  • 2013年 国際医療福祉大学三田病院 心臓外科
  • 2014年 高邦会高木病院 心臓血管外科
  • 2016年 ニューハート・ワタナベ国際病院 心臓血管外科

    資格

  • 医学博士
  • 日本外科学会認定外科専門医
  • 心臓血管外科専門医
  • 日本脈管学会認定脈管専門医
  • 腹部大動脈ステントグラフト指導医
  • 胸部大動脈ステントグラフト実施医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓血管外科学会
  • 日本血管外科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本冠動脈外科学会

堀川 貴史

堀川 貴史

    経歴

  • 2014年 千葉大学医学部卒業

    所属学会

  • 日本外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本心臓外科学会
  • 日本血管外科学会